2022年04月30日

LAW&ORDER:組織犯罪特捜班 #8(終)

シーズン1は全8話なのでもう終了です。
ウィートリーとデイナ、リッチーは
罪状認否で無罪を主張し、フレイジャー
検事補は再勾留を求めると認められた。

ウィートリーの事件は複雑で広範囲に及び
裁判が始まるまで1年はかかると弁護士から
言われたウィートリーは切り札を使う。

ウィートリーがバルディ連邦検事補と会う
と知り、ステイブラーたちはバルディに
会いに行き、俺の妻が殺されたと訴える
がただの面談と言われる。

ホテルで保護されてるアンジェラは面会に
来た弁護士にステイブラーの女のことを
尋ねると元相棒ベンソンかもと言われる。
罪状認否でリッチーは父親が祖父を殺した
と知り、刑務所のギャングに父親を売る。

バスルームで倒れてるアンジェラを発見。
ノビチョクが検出されたが命は助かった。
食べ物は管理してたがアンジェラがネット
で注文したシャンプーをフレディが取りに
行って渡したが、携帯がハッキングされ
シャンプーに盛られてたと判明する。

ウィートリーが検事局に移送されるが
ステイブラーとベルはFBIの警護の弱さを
心配して車で追跡するとウィートリーが
乗った車が襲撃され、ステイブラーとベル
は脚を撃たれたウィートリーを救出して
近くの建物に避難し、応援を呼ぶ。

追っ手はウィートリーを渡せと要求し
話に乗ったフリをして時間稼ぎして
SWATが襲撃犯を逮捕した。

ステイブラーたちはウィートリーを検事局
に送り届けるように命令を受ける。
検事局前にはSNSの“バルディの妨害だ”
の投稿により多くの警官が集まっていた。

そこにベンソンもいて、ウィートリーは
ベンソンにお会いできて光栄だと言う。
ウィートリーは交流がある海外の大物犯罪者
の情報を渡して取引しようとする。

フレイジャー検事補はステイブラーとベルと
バルディに外に数十人の警官がいると警官の
妻殺しは別件として訴追したいと提案した。

再勾留されたウィートリーは隠されてた
携帯で妻にワイン室のPCから匿名化ブラウザ
で“O、困ってる。お願いだ会いに来てくれ”
とメールを送信させた。

メールを受け取ったベンソンはアンジェラが
いる病院に行くと、特捜班のモラレスが
ストレッチャーで誰かを運んでるのを目撃。
ステイブラーとベルもやって来て、モラレス
を発見すると妹のために200万ドルを受け取った
と自分の頭に銃を突きつけ、ベルは説得するが
モラレスが銃口を向けたので発砲した。

アンジェラは何かを打たれて意識もうろうで
ステイブラーが助けを呼んだところで終わり。
ウィートリーはアンジェラを狙ってくるとは
思ってたけど、モラレスが裏切るとは残念。
ベルは彼に期待してたのに。
シーズン2が早くみたい。

Organized Crime.jpeg
posted by Jasmine at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:OC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ