2022年04月21日

FBI:Most Wanted2 指名手配特捜班 #3

住宅に侵入した男は夫婦を銃で脅して
隠し金庫を見つけると金庫には札束があり
驚く夫を殺害し、金庫に10ドル札1枚だけ残し
妻エイヴリーを拉致した。

エイヴリーはラクロイが捜査官になりたての
2002年に発生したバナー銀行の強盗殺人の
人質で証人保護プログラムを受けていた。
その事件で妊娠中で夫と娘がいるサリナ巡査
が死亡し、ラクロイは犯人のヒューイットを
ずっと追っていた。

金庫の10ドル札はバナー銀行から盗まれた
紙幣とわかり、エイヴリーは人質ではなく
共犯者だったと判明する。

ラクロイはイゾベルに強盗事件の発生前に
違和感に気付き、裏に回ろうとしたが指導役
に止められ、巡査が犠牲になったことを
悔やんでることやタリが父親と仲良くなる
ことを心配してると打ち明けると父親と
和解するようにアドバイスされる。

報奨金25万ドルが出ることが決まった。
ヒューイットがいるホテルが判明して
ホテルの入口でエイブリーを人質にした
ヒューイットを発見するが連邦保安官に
賞金稼ぎのジャッキーが現れ、混乱する中
逃げられてしまう。

ホテルに残された薬からヒューイットの
死期が近いことがわかる。
エイヴリーの不倫相手が自宅殺害されて
ヒューイットに逃げられて拘束された
ジャッキーを発見する。

ヒューイットが乗り捨てた車のトランクに
ラクロイ宛の箱があり、中にはバナー銀行に
行く前にラクロイがランチを食べてた店の
ナプキンが入っていたのでバナー銀行を
また襲う気だとわかる。

銀行を襲撃して金を手に入れたヒューイット
は手伝わせたエイヴリーを金庫に閉じ込め
裏から逃走した。駆けつけたラクロイは
エイヴリーから公園に車を停めてると聞き
先回りして逮捕した。

事件が解決したラクロイはサリナ巡査の
娘に会いに行くとこれからも母親の命日に
会いに来てと言われ、ヒューイットが
訪ねてきたと貰った札束を渡される。

帰宅したラクロイはタリが父親とマリーと
楽しそうに踊っていて、結婚式用に服を
買ってもらったと言われる。

ラクロイは父親に妻のお葬式に来なかった
ことを言うと刑務所にいたと言われる。
仕事ばかりでタリとの時間を作ってないと
言われて、娘の所に行くと言われた。
もうパパは出てこないのかな?

posted by Jasmine at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:Most Wanted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ