2022年04月09日

CSI:ベガス #1

引退し視力が衰えた元警部のブラスが自宅
で襲撃されるが反撃したブラスが射殺した。
90年代にラッキーと名乗る誘拐犯に身代金
として支払われた古い100ドル紙幣を
襲撃犯が持っていたが身元不明。

ブラスは連絡を取り合っているサラに連絡し
サラは資格更新をしてたのでブラスの頼みで
新しくなったラボでCSIの主任マックスと
アリーらに協力することに。

マックスはラッキーが最後に誘拐した
ケルシーは行方不明とサラに話してると
ケルシーの頭蓋骨がCSIに送られてきて
“ブラスは始まり”のメッセージがあった。

ブラスの家の警護をしてた女性警察官の
フィッシャーが誘拐される事件が発生。
ケルシーの頭蓋骨にビール酵母が付着した
ことから廃業した蒸留所の床下から
残りの遺体を発見した。

肺から見つかった銃弾からラッキーは
恋人殺害で逮捕されたヴィクナーで
2年前に死んでたので黒幕は別人だった。

偽札と間違われたラッキーの紙幣から
2010年にブラスとサラが逮捕し、ホッジス
分析結果で有罪になった連続レイプ犯の
ドワイヤーが浮上する。

ドワイヤーははサラの前に現れ、証拠を
でっち上げ、嘘をつく。明日何か起きると
言い残して逃げたが車のナンバーから
家が判明し、床下にフィッシャーといた
ドワイヤーを発見して逮捕した。

家から黒幕からの手紙が見つかったので
取引しようとするが黒幕の名前は言わない。
手紙にあった倉庫はホッジスが使ってる
秘密のラボで証拠偽造の疑いが出た。

サラはホッジスは信じてるが証拠は
ホッジスを指示し、証拠偽造が発覚したら
関与した事件全ての判決が覆ることに。

そこにやっとパナマでクラゲを集めてた
グリッソムがベガスに駆けつけた。
キャサリンは孫がいるダブリンにいるが
ブラスにホテルの部屋を用意してくれた。
ロビンス先生もご健在で懐かしいメンバー
も近況も知れた。

主任になったサラはグリッソムに会いに
行ったところで終わってたが今も一緒に
暮らしてると幸せそうで良かった。

CSI: Vegas: Season One [DVD] - William Petersen, Paula Newsome

posted by Jasmine at 20:09 | Comment(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ