2022年02月11日

シカゴ・メッド シーズン3 #9

ナタリーとウィルは出血した妊婦ジョアンナを
担当するが妊娠22週では生存は難しいので
生まれたら延命処置しないことに決めた。
陣痛を抑える薬が効かずに生まれた赤ちゃんを
すぐに運び出すが卵膜の中で動いてたので
取り出して赤ちゃんをNICUに運んだ。

新生児科医は体重490グラムで生きられないと
蘇生処置をしないと言ったのにナタリーは
ジョアンナに希望を持たせてしまう。
赤ちゃんに会いに来たジョアンナは急変した
息子に蘇生処置を頼んだので処置をした。

父親がやって来て、赤ちゃんに触れさせて
あげたが急変した赤ちゃんは亡くなった。
ナタリーは間違ってたと後悔するがジョアンナ
はナタリーにハグして感謝してくれたが
医師としてはどうなんだろう。

サラはチャールズと刑務所の受刑者の診察に
行くが、受刑者たちは犬みたいに吠えて
サラをビビらせたて中断したがチャールズに
励まされたサラは戻って受刑者との診察を
やり遂げた。一歩前進したかな?

ベッカーの恩師ジャフリーが右肺腫瘍の手術
にやって来るが覚醒下での手術を希望する。
ジャフリーはベッカーの執刀に口出しして
コナーに代われと言い出したのでコナーは
全身麻酔にしてベッカーに続けさせた。

目覚めたジャフリーはベッカーに失望したと
言うなんて酷い。ベッカーをコナーがかばい
良いライバル関係になった?

ホームレスらしい14歳のデボラが搬送される。
家には母親の暴力的な彼氏がいるので帰るのを
嫌がり、従妹だと言うキキと帰ると言い出すが
痙攣を起こし、鼻からゴキブリが見つかる。

母親の彼氏に殴られ頭蓋骨骨折で開いた穴から
漏れた髄液にゴキブリが寄ってきたとわかる。
すぐに穴を塞ぐ手術をして、保護局に通報する。
やって来た担当者はデボラと他の子を間違えて
頼りなく、デボラは病院から逃げ出していた。

エイプリルは出て行くデボラを止めなかったと
知ったチョイはホームレスのたまり場にいる
デボラにエイプリルと薬を届けに行った。
これはいいとは思わないけど、保護局は家に
帰そうとしてたし、難しい問題だな。

シカゴ・メッド シーズン1 バリューパック [DVD] - コリン・ドネル, トーリー・デヴィート, ニック・ゲルファス, レイチェル・ディピッロ, ブライアン・ティー, ヤヤ・ダコスタ, マーリーン・バレット, オリヴァー・プラット, S.エパサ・マーカーソン, ディック・ウルフ

posted by Jasmine at 21:09 | Comment(0) | シカゴ・メッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ