2022年01月21日

STATION 19 シーズン2 #16

リプリー局長の葬儀の日。
アンディとマヤはヴィクに朝食を運ぶと
部屋にいなかった。その頃、ヴィクは
リプリーとの行きつけのダイナーにいた。
ウェイターにご主人は?と聞かれたヴィクは
仕事だと答えてしまう。

サリヴァンは追悼スピーチを頼まれるが
書くことができずアンディが指揮を代わり
LA森林火災への応援物資の準備に取り掛かる。

物資を届けに来たライアンは前回アンディが
サリヴァンを慰めて手を握ってたことを
誤解していて、サンディエゴに研修に行くと。

マヤは涙が止まらなかったり、それぞれが
思いを巡らせていた。出勤してきたヴィクは
葬儀に参列しないと言い出す。

サリヴァンはジェニファーと共にヴィクを
説得したり、トラヴィスも自身の経験を
話したりしたがダメだった。

アンディはベンと救助要請に出動すると
通報者はシャンデリアの取り付け中に転落し
体にシャンデリアのアームが刺さっていた。

心停止に陥ったので処置をして搬送するが
途中でまた心停止に陥り、蘇生すると圧迫で
傷口から出血するのでベンは刺さったアーム
を抜き止血して病院に搬送した。

アンディはライアンが町を出ることで動揺し
ヴィクを助けたいが拒絶され、マヤとは絶交中
で患者は何度も死にかけ、尊敬する人が
亡くなり、9歳で母親を亡くした時のことや
いろんな感情が混みあげてパニックになる。

ヴィクは葬儀に出ないと頑なだったが
グレアナのシュミットがやってきて
生花店でリプリーがヴィクへの想いを込めた
花束を買ってたので代わりに届けてくれた。
シュミットらしい優しさがヴィクの心を溶かし
ヴィクはリプリーの葬儀に出席した。

ヴィクはダイナーに行くとウェイターに
一緒に来てたのは夫ではなく、彼は仕事に
行ったのではなく死んだと打ち明けた。

葬儀が終わって皆で飲んでるとディーンは
母親に紹介されたニッキーとデートに出かけ
アンディはマヤとジャックのことを許した。

最後まで残って飲んでたトラヴィスはヴィクの
ことを侮辱した男を殴ってしまった。
酔ってたし大変なことにならないといいけど。

posted by Jasmine at 21:32 | Comment(0) | STATION 19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ