2021年12月14日

レジデント シーズン4 #13

火災現場に遭遇したデヴォンとリーラは
子供を救出したアパートの管理人ダグを
病院へ搬送する。ダグは重体なのに
自分のことより住民の心配をしていた。

肋骨が大動脈に刺さっているとわかり
オースティンはリーラを助手にして
手術は成功したがダグは容体が急変して
亡くなってしまう。ショックのリーラを
デヴォンが慰める。

ビリーはニックの家でベビーシャワーの
準備をするが何度もメッセージが届いてた。
様子がおかしいと気付いたニックは
ビリーのスマホの見てしまう。

ビリーはニックと疎遠になってた13歳の頃
乱暴されて妊娠し出産したと打ち明ける。
養子に出した息子が18歳になってビリーに
会いたいと連絡してきたが、父親のことを
聞かれたり、顔がレイプ犯に似てたらと
悩んだビリーはもうほっといてと返事した。

遺伝子治療を受けたローズが体の痛みを訴え
ケインに支えられ来院する。デヴォンは
2人が一緒にいる姿を見て動揺して
コンラッドに担当を任せた。

検査して痛みの原因は鎌状赤血球ではなく
運動やダンスを始めたことで体が驚いて
筋肉が痛み出し、治療は成功していた。
ローズは実在の人物がモデルになってたとは。

ジェイクとグレッグは自家移植したサミーを
養子に迎えようと寄り添っていて、食事が
できないサミーにベルはお粥を差し入れする。

感染症で血栓摘出をすることになるが
体が手術に耐えられない可能性もあった。
手術は怖いはずなのにサミーはジェイクと
グレッグに元気になって戻るねと健気だな。

サミーの手術は成功したが今夜がヤマだと
ベルはジェイクたちと交代で見守ることに。
目覚めたサミーは置いてあったゼリーを食べ
お代わりが欲しいと食欲が出て良かった。
正式に養子として迎えられるといいな。

ベビーシャワーが終わったニックは
陣痛が始まったとコンラッドに告げた。
シーズンフィナーレはハッピーエンドで
終わってくれるといいな。

レジデント 型破りな天才研修医 シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] - マット・ズークリー, エミリー・ヴァンキャンプ, ブルース・グリーンウッド, マニシュ・ダヤル, メリーナ・カナカレデス

posted by Jasmine at 21:31 | Comment(0) | レジデント(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ