2007年07月19日

Dr.HOUSE 2 #4

ニューズウィークの表紙も飾る、アフリカで人道援助の活動をする
著名なチャールズ医師が倒れて運ばれてくる。
結核専門医のチャールズ医師は自分は結核だと言う。
独身で見た目も良しのチャールズにキャメロンとカディは好意的。

ハウスは結核だけじゃないと考えるけど、原因がわからないまま
再び、チャールズが倒れる。
まず結核治療を行うことにするが、チャールズは製薬会社にアフリカへの
薬を提供させる為に、メディアの興味を引こうと薬も検査も拒否して
病室でキャメロンとカディを同席しての記者会見を開く。

ハウスは記者会見をいつもの昏睡患者の病室でウィルソンとTV鑑賞するけど
ただ見ているだけでなく、会見を利用して自立神経をチェックしていた。
異変を感じたハウスはチャールズの病室に行くと動脈に異常を発見し心拍停止。
ウィルソンのいう通り、生中継されたので説得力がある。
チャールズは膵島細胞腫という目に見えない腫瘍がだとわかる。

キャメロンはチャールズから食事に誘われた時に公私混同はと言ったけど
その言葉はそっくりあなたに返したいです。(笑)
ハウスはチャールズに少しの嫉妬はあると思うけど、大勢の命を救うか
1人の命に全力を注ぐかの信念の違いかな。

House: Season Four (4pc) (Ws Sub Ac3 Dol Dig) [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(2) | HOUSE(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
信念の違いはあるけれど、目の前の命を救うって感じでは
結局同じだったような気がします。
救い方の違いはともかく(笑)
それにしても、ハウスの視点はやっぱ天才的ですね〜。
TBさせて頂きます。
Posted by suubi at 2007年07月19日 23:28
suubiさんへ

医者同士ということで扱いにくい患者かと思ったけど
チャールズは人間的に出来た人なので、ハウスと対立することなく
上手くキャメロンを間に入れて治療出来たなと思いました。
Posted by Jasmine at 2007年07月21日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『HOUSE』 シーズン2 第4話 “人道的治療”
Excerpt: アフリカで人道援助に励むチャールズ医師が突然倒れ、ハウスの元へ。 結核専門家であるチャールズは、自分を結核だと診断。 しかし─ ハウスは彼の全ての症状が結核と当てはまらない部分を指摘し、 ..
Weblog: 海外ドラマにハマる!
Tracked: 2007-07-19 23:28


Excerpt: ■発売日:07/03/23■監督■出演■ジャンルアニメTVアニメ■発売日07/03/23■制作年年■制作国■色彩カラー■時間160分 2枚組■字幕■音声DD(ステレオ)■画面サイズ4:3■発売元プラス..
Weblog: TVドラマがいいと思う
Tracked: 2007-07-22 08:31
海外ドラマDiary TOPへ