2021年11月25日

THE BAY 2 虚構の家族 #1〜3

弁護士事務所の創業者ビルの引退を祝う
パーティー中に後継者の娘婿スティーヴン
が宅配業者を装った男に射殺された。

前回の不祥事で降格処分になったリサは
後輩メッドの指揮で家族サポートに復帰。
犯行を目撃した10歳の息子オリヴァーが
ショックで話せなくなり、妻ローズは
動揺してたのでサポートすることに。

弁護士事務所は家族経営で事務長は
妻ローズで、ローズの弟マークも働く。
被害者の長女グレースはビルの車を盗み
逮捕されてから家族と絶縁状態となり
フランクの解体工場で働いていて
長男ジェイミーはパートナーのテオと
ヨーロッパー旅行から戻ってきた。

リサがオリヴァーに彼のおもちゃを
渡したことでオリヴァーは話し始めて
犯人の腕にあるタトゥーの絵を描いて
自転車に乗る少年が家の外にいたと言う。

防犯カメラの映像から少年が犯人から
銃を受け取り、途中で捨てたとわかり
凶器の銃が見つかった。自転車に乗ってた
のは少年でなく、施設にいる少女キャシー
と判明して逮捕した。キャシーは運び屋を
してたが銃を運んだのは初めてだと
犯人の手掛かりは得られない。

法律事務所の従業員リンから顧客リストを
内密に入手するがリストに漏れがあった。
スティーヴンは事務所で横領があると
家族を疑い、調査依頼をしてたと判明。

マークは父ビルにブレイクウォーターの
書類を事件の日に持ってたが燃やしたと
報告するとそれで良かったと言われた。
認知症の症状があるビルは復帰宣言する。

一方、リサは降格したことで家を売り
小さな家に引越して子供たちと暮らすが
そこに元夫アンディが現れた。

息子ロブは父親が会いに来たことに喜ぶが
娘アビーは悪い記憶しかなく複雑だった。
リサ母はアンディが母親が亡くなったので
家族の元に戻ってきたのは嘘だと知り
金を渡して追い払おうとするが拒否される。

ビルの車を盗んだのはジェイミーで弟を
弁護士にしたいスティーヴンからグレース
は身代わりになるように言われたと判明。

ジェイミーとテオは父親が殺害される
2週間前に帰国してたとわかったので
訪ねると2人は姿を消していた。

メッドは法律事務所が価値以上の値段で
物件を査定していて、3つ目の物件も
ブレイクウォーター開発の所有と確認し
リサに捜索令状が必要だと電話してると
メッドは何者かに轢き殺された。

こんな展開になるなんてショック。
最初はリサとギクシャクしてたけど
いいコンビになってきたところなのに。

posted by Jasmine at 21:35 | Comment(0) | 海ドラ サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ