2021年11月20日

プロディガル・サン シーズン2 #7

マルコムは血まみれのエインズリーを
自宅に泊めて、仕事を休むように言って
事件の捜査に出かけた。

聖アンソニー病院の美容外科医ジャンが
大量のボトックスを注射されて殺害される。
ジャンの評判は良く、元共同経営者の
ドナヒューとチャブラに話を聞くが
何か隠してると思われた。

気の弱そうなチャブラを問い詰めると
元患者のフランシーンに訴えられたと言う。
フランシーンはドナヒューと特許の神経毒
をくれることを条件にラナについて口外
しない約束をしていた。

ラナはドナヒューたちと同期でキャリアの
ためと整形を勧められたがドナヒューが
手術に失敗し、顔が崩れたラナは退学した。

ドナヒューが見つからず、マルコムとダニ
は神経毒を打たれたチャブラを発見し
マルコムはドナヒューのコカインを使って
心拍を上げて、一命を取り留めた。

フランシーンを訪ねると倒れていて
手術中にドナヒューの看護師が突然暴れた
と言われ、手術室に行くと看護師が
ドナヒューに注射を打とうとしていた。
看護師がラナだと気付いたマルコムは説得し
ラナは逮捕された。

一方、マーティンはクレアモントの診療室で
働くことになり喜ぶが、医師のビビアンに
雑用を命じられた。頭痛を訴える囚人の
様子から硬膜下血腫と気付いたマーティン
はビビアンにアドバイスして囚人を救った。
2人の間に何か起こりそうな感じ。

ジェシカの妹バーディーがやって来た。
破産したバーディーがジェシカに関する
暴露本を書くと知り、お金を渡そうとするが
出版社が諦めないと知ったジェシカは
自分の手記を提供するらしい。

マルコムはエインズリーを心配するが
記憶を取り戻したエインズリーは失ってる
フリをしていて、あの血は豚の血だった。
マルコムが真実を話さないので復讐だった
とマーティンより酷いかも。

自分は捕まらないと言うエインズリーだが
エストニアでニコラスの頭部が発見され
ユーロポールのサイモン・ホクスリーが
ニューヨークに行くとどうなるのかな?

Prodigal Son: The Complete First Season [DVD] - Lou Diamond Phillips, Frank Harts, Keiko Agena, Bellamy Young, Michael Sheen

posted by Jasmine at 22:03 | Comment(0) | プロディガル・サン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ