2021年10月27日

STATION 19 シーズン2 #4

サリバンは隊員たちにそれぞれ専門任務を
割り当てて学ばせることにした。

取り壊す予定の廃ビルで火災が発生した。
アンディは人がいないか捜索を提案するが
サリバンは現場オペレーションを割り当てた
マヤに現場の指揮を任せた。

マヤは消火活動すると皆に指示を出すと
消火栓を開けに向かうが取り壊し予定で
断水して水が出なかった。

ビルの中からゾーイが1人を連れて出てきて
まだ中に5人いると戻ったのでアンディ、ベン、
トラヴィスは後を追ってビルに入った。

ビルの中は迷路のようでゾーイの案内で3人を
救助し、残り2人がいる場所に向かうが
火災が広がり、スプリンクラーを作動しよう
とバルブの元に向かった。

皆が子供の救出に向かってる間、マヤは水を
待ってるとサリバンに1つに気を取られ過ぎ
全体を見ろと指揮権を取られてしまう。

ヴィクとディーンが残り2人を発見したが
視界がゼロでアンディがスプリンクラーを
作動させたら、凍結防止に不凍液が入ってて
発火し、ヴィクたちとアンディたちは別々の
場所で身動きが取れなくなる。

サリバンがヴィクたちを救助し、水が届いて
マヤたちが放水しアンディたちも脱出できた。

隊員採用を割り当てられたアンディはみんなを
助けようとしたゾーイに携帯番号を渡して
署を案内すると勧誘した。

一方、ライアンは容疑者の逮捕に向かうと
そこにフロリダにいるはずの父親がいた。
父親は家を失って、2ヶ月前からシアトルに
いたことを聞かされる。

ライアンは父親で苦労したみたいだね。
プルイットが父親みたいな存在で病院への
送り迎えをしたりと気にかけてるのかな。

アンディ、マヤ、ヴィクは女子3人で飲みに
出かけ、アンディは出会った男性に電話番号
を渡したが、実家の番号を渡してるし。

ヴィクとトラヴィスはサリバンの命令で
隊員の相互支援プログラムに参加すると
リプリー局長もいた。

ディーンはジャックが自分の家に入り浸り
1人でいたくないのでは思ったがディーンの
カンは当たってると思う。

posted by Jasmine at 21:39 | Comment(0) | STATION 19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ