2021年10月16日

プロディガル・サン シーズン2 #2

大聖堂でレイエス神父が逆さ吊りの遺体で
発見された。神父の遺体に44の傷があり
血抜きされ、床に血で書かれたアラム語から
悪魔祓いで殺されたとわかる。

マルコムは悪魔祓いについてマーティンに
話を聞きに行くと過激思想で修道院を追放
されて大量殺人に走ったピート修道士を
紹介された。

16世紀の外科医ゲルスドルフが血抜きに適した
位置を44か所と示し、かつて悪魔祓いは黒死病、
精神疾患、鉛中毒の治療として行われ、今の
教会は医師の許可で儀式を行うと教えられる。

医師の紹介で神父が悪魔祓いを行っていた
ノーマンに会うが犯人像とは違っていた。
犯人はゲルスドルフの著書の血の抜き方を
まねていた。

大聖堂で壁画の修復工事をしていた。
修復には鉛が使用され、犯人は絵の具に含む
鉛中毒の影響を受けてると気付いたマルコム
は手伝っていたシスター・アグネスを疑う。

ギルたちが監禁されてるシスターを発見する。
マルコムは大司教と修復士と大聖堂にいると
修復士が異変を起こし、大司教を逃がした。

マルコムはマーティンに電話して対応を
聞くと逃げろと言われたが外から鍵をかけて
もらったので逃げられず、ピートから
悪魔祓いの呪文を教えてもらって
修復士が弱ったので持ってた燭台で殴った。

一方、エインズリーは実家を出ることになり
ジェシカは何かと世話を焼くがギルとのこと
でジェシカが悩んでいると知る。

ジェシカは会いに来てくれたギルに終わりを
告げるのを聞いたエインズリーは実家に
残ることにしたが記憶が戻った時のことを
考えたら実家にいた方がいいと思う。

JTは前回の白人警官の件は子供も産まれるし
大事にしたくないと言ったが、今回応援を
要請したら無視されて、ギルは激怒して
電話してたがこの問題は長引きそうだな。

マーティンとピートの会話から脱走を
計画しそう。彼が外に出るなんて怖すぎる。

Prodigal Son: The Complete Second Season [Blu-ray] - Lou Diamond Phillips, Frank Harts, Keiko Agena, Bellamy Young, Michael Sheen

posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | プロディガル・サン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ