2021年10月06日

STATION 19 シーズン2 #1

クリフで終わった高層ビルの消火活動の続き。
ジャックは防火扉を閉めるために留まり
アンディは応援を要請するがリプリー局長は
ビルが崩壊するおそれがあると退去を命じた。
アンディは命令に従わずに階段を上っていく。

ベンはガラスの破片で出血するトラヴィスか
押し倒されて肺がつぶれてるモリーの
どちらを優先するか選択を迫られて
トラヴィスの後押しでモリーを先に運ぶ。

階段を降りてたマヤとヴィクは上がってきた
アンディと遭遇し、マヤはアンディと
ジャックの元に向かい、ヴィクは応援を呼びに
下に降りて行くと負傷したトラヴィスを発見し
トラヴィスを運ぶことに。

負傷者を連れて外に出たディーンは戻ろう
とするのをリプリーに止められてしまうが
我慢できずにビルに戻るとトラヴィスを
運んでるヴィクに遭遇し、外に運び出した。

それぞれの救助の合間に過去も描かれた。
アンディとマヤは消防アカデミーの同期で
女子は2人なので協力して親友になった。
アンディは父親が卒業式に来てくれるのを
待ってたが、逮捕されたライアンの保釈に
行って来てもらえなかった。

ジャックとディーンもアカデミーの同期で
ケンカしたりと仲が悪くてサリバン中隊長
から叱責を受ける。
新人のヴィクはトラヴィスにしごかれて
夫を亡くした病院に入ることができない
トラヴィスを支えていた。

モリーとトラヴィスはグレイ+スローンに
搬送され、それぞれ手術を受けることに。
知らせを聞いたグラントが駆けつけて、
ベンがトラヴィスを置き去りにしてモリーを
助けたと知って彼を責める。
トラヴィスのオペは成功したが予断が許さず
モリーは損傷が激しくて亡くなってしまう。

アンディとマヤは倒れてるジャックを発見し
大きなケガもしてなくて無事だった。
アンディは父親が病院に搬送されたと知って
駆けつけると容体が安定し、このまま運よく
いけば寛解すると聞いて喜ぶ。

6週間後、トラヴィスもプルイットも退院し
リプリー局長は19分署の新しい隊長として
サリバン隊長を選んだ。サリバンは厳しそうで
今までのゆるい感じは許されないだろうな。

posted by Jasmine at 21:40 | Comment(0) | STATION 19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ