2021年09月26日

レジデント シーズン4 #2

コンラッドとニックは新婚旅行からデヴォン
は父親の葬儀から戻り、いつもの日常に戻る。
ERに黒人女性初の州知事を目指して出馬中の
ニシェル・ランドール下院議員を運転手が
体調不良だと運んできた。

数日前から熱と下痢に咳もあり、ケンタッキー
のオハイオ川沿いでヨガをしたと言うので
ヒストプラズマ症を疑って治療をする。

ニシェルの容態は悪化し、足の感覚がなくなり
背中の湿疹が運転手の手にある湿疹と同じと
気付いたコンラッドは運転手から2人で
ジャマイカに行ったと打ち明けたことで
寄生虫が原因とわかった。
ニシェルは回復したが殿堂入りの元NFL選手の
夫がいるので運転手はクビになった。

ケインがコロナ禍で無理に手術したマリンズ
が再入院し、肺塞栓で呼吸困難になっていて
オースティンとミーナが手術することに。

オースティンはケインにだまして手術して
マリンズは新型コロナに感染して肺塞栓に
なったと責めるが黒人はスキルが高くても
稼がなきゃ軽視されると悪いと思ってない。

手術で血栓を除去したが脳出血にヘルニアを
起こし、ケインも手術に入って成功した。
オースティンはケインのキャリアを潰すのを
ためらうがミーナはマリンズ妻に話した。
夫妻はケインを訴えると言うがミーナが
巻き込まれないといいけど。

デヴォンは父親の幻覚を見ていた。
コンラッドに父親を担当したレジデントから
人手も医療機器も不足する公立病院で
父親は10分放置されて独りで死んだと聞き
レジデントが泣き出したので救えたはずの
患者は誰にでもいると慰めると何十人も
いたと言われたと打ち明ける。

ベルはコロナ禍で人との絆を壊したことを
後悔して最初の妻の継子のジェイクに
連絡を取ったが返事がなく彼が演奏する
店まで会いに行くが拒否される。
ベルは音楽で食べて行くのは大変だろうと
後押しを申し出たがジェイクの外科医で
あんたの影響は受けてないと言われる。

コンラッドたちはレッドロックからローガン
の仕事ぶりについて聴取され正直に答えて
ローガンは解雇された。去り際にローガンは
コンラッドにもっとひどくなると告げた。

キットは次のCEOは誰かヨーンに尋ねると
誰も来ないと言われたがどういうことかな?
ニックが妊娠し、コンラッドと2人はもっと
幸せになれると喜ぶ。
この幸せがずっと続いて欲しいな。

レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2 DVDコレクターズBOX - マット・ズークリー, エミリー・ヴァンキャンプ, ブルース・グリーンウッド, マニシュ・ダヤル, ショーネット・レネー・ウィルソン, マルコム=ジャマル・ワーナー, ジェーン・リーヴス, ジェナ・ディーワン


posted by Jasmine at 17:53 | Comment(0) | レジデント(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ