2021年09月06日

シカゴP.D. シーズン7 #17

公園でギャングのボス、キャンベルが銃殺
されて、10歳の少女が流れ弾で重症を負う。
駆けつけたボイトは少女を応急処置すると
殺人課のステイプルズから自分が介抱したと
事件を担当すると追い払う。

ジョーカーズが公園の逆側で薬物売買を
してたが争いはなかった。公園のカメラに
犯人は映ってなかったがキャンベルの右腕の
ラマーがすべて見渡せる場所に立ってたので
ボイトが会いに行くが何も見てないと言う。

ボイトは昔逮捕した子供たちに尽力する
牧師フランクに抗争を止めるためラマーを
説得してくれたら教会に寄付すると約束。
流れ弾に当たった少女が亡くなった。

フランクがラマーからジョーカーズを仕切る
ジョジョが犯人と聞き出し、彼を逮捕したが
アリバイが証明された。
ハルステッドとアプトンが聞き込みに行くと
銃撃が発生し、ジョーカーズの少年が殺され
抗争が始まった。

現場から逃走した車が丸焦げで見つかったが
放火の道具から軽犯罪者のアルターの指紋が
採取され、車も彼の物だった。家を調べると
凶器の銃が見つかった。

白人の軽犯罪者が黒人ギャングの抗争に
関わるのは変なので調べるとラマーと
アルターは矯正施設で同房でラマーは
彼に3000ドルを振り込んでいた。

ステイプルズも捜査に参加することに。
情報屋からラマーはフェンタニルにも
手を広げる気でキャンベルは望まないので
消すしかなかったと動機が判明する。
アルターの逮捕に向かうが殺害されていた。

ボイトはフランクに犯人はラマーだと告げ
薬物取引で逮捕するためにフランクが
取引の仲介を持ちかけて逮捕することに。

教会でアトウォーターがラマーと取引するが
フランクはラマーにバカにされてキレる。
ステイプルズはボイトが武装してない警官と
情報屋がいると止めたが突入し、ハメられた
と知ったラマーはフランクをボコボコにした。

フランクは頭が割れて脳から出血して
あばらは全部折れて、明日まで持たないと
俺は間違ってないというステイプルズを
ボイトが殴ったが誰も止めないし。

ステイプルズは自分の情報屋が殺されて
捜査に執着してたのに他の情報屋のことは
どうでもいいなんて許せない。

シカゴ P.D. シーズン5 DVD-BOX - ジェイソン・ベギー, ジェシー・リー・ソファー, ジョン・セダ, イライアス・コティーズ, パトリック・ジョン・フリューガー, マリーナ・スコーシアーティ, ラロイス・ホーキンズ, トレイシー・スピリダコス, エリック・ラ・サール

posted by Jasmine at 21:37 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ