2021年08月31日

シカゴP.D. シーズン7 #16

ハルステッドが現場復帰してアプトンが
相棒に戻ったところに小切手換金店に
強盗が入り、2人が駆けつけると強盗犯の
1人が発砲して通行人が撃たれた。
強盗犯2人は仲間の車で逃走し、負傷者を
救護してたミシェルに話を聞く。

犯人の車は盗難車で発見時には燃やされて
指紋もDNAもなく、店内の防犯カメラは
スプレーされ、下見に来た可能性が浮上。
2週間で2つの小切手換金店が強盗に遭い
手口は同じだった。

付近のカメラから見張り役がいるとわかり
顔認証から判明したジャマールを逮捕する
が仲間に電話しただけで無関係だと言い
通りを行ったり来たりする白人女性を見たと。

ミシェルが供述と違う行動をして連絡先も
ウソだとわかり、ハルステッドが彼女が
働く花屋に行くと夫に客だとウソをついた。
夫シェーンには強盗の前科があった。

シェーンの車に追跡装置をつけて監視し
強盗事件の容疑者のマイクとエリックに
会っていて、また強盗をすると推測。

撃たれた通行人が亡くなり、殺人犯となる。
ミシェルに協力させようとするが拒否し
夫からDVを受けてることがわかった。
ミシェルを説得し、夫が電話で話すの聞き
やめさせようと現場に行ったが見つからず
銃声が聞こえたと供述する。

アプトンは母親がDVを受けてた経験から
ミシェルに特別な事情を持つ人に市が
提供するアパートに案内し、盗聴器をつけ
夫から自白を聞き出すように頼む。

シェーンが電話でトラック運転手のことを
話していて、襲われた店は同じ警備会社で
現金が補充された直後に強盗が発生してた。
運転手のジョンを連行すると母親の治療費
のために情報を流したと電話でのやり取り
で犯人を知らなかった。

ジョンを使って計画を仕向けたがミシェルが
車の鍵を隠したことでシェーンは現場に
行けずにハルステッドはミシェルを助けに
家に行き、シェーンを逮捕して計画は失敗。

シェーンを自白させようとするがハッタリ
には乗らずに弁護士を要求する。
ミシェルは夫を訴えると決めたが署に現れず
シェーンは釈放されたと知ったハルステッド
が自宅に行くとミシェルは殴られていた。

シェーンが俺の妻だと殴りかかったので
ハルステッドは彼を殴り倒した。
ミシェルは娘と兄弟のいるフェニックスに
行ったのでもう大丈夫かな。

シカゴ P.D. シーズン4 バリューパック [DVD] - ジェイソン・ベギー, ソフィア・ブッシュ, ジェシー・リー・ソファー, ジョン・セダ, イライアス・コティーズ, パトリック・ジョン・フリューガー, マリーナ・スコーシアーティ, ラロイス・ホーキンズ, サミュエル・ハント, マーク・ティンカー

posted by Jasmine at 21:19 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ