2021年07月19日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン22 #10

17歳の高校生セランダが行方不明になる。
バイト先の近くに性犯罪者が暮らしてる
通称“変態ホテル”があり、同じバイトの
ロニーがホテルに暮らしてたので聴取する
がロニーは否定し、15歳の少女と付き合い
相手の親が訴えたので取引したと主張する。

警察犬が廃車のバンからセランダの遺体を
発見する。死因は鈍器による後頭部殴打で
殺人課に異動したハシムも担当することに。

ホテルの住人のDNAを採取するがロニーは
公園を散歩してたとアリバイがない。
白人至上主義の地元自警団がホテル前で
性犯罪者は出て行けと抗議していた。

ロニー以外の性犯罪者はシロとわかる。
犯行現場の監視映像からロニーと同じ上着
を着た男が逃走するのが映っていた。

ホテルが放火され、放火前に殺された
ロニーの遺体が発見された。住人たちから
犯人のうち1人はエドワルドと呼ばれてた
と証言を得た。

地元自警団は組織犯罪課の監視カメラで
アリバイが証明され、別のバイク3台が
ホテルに向かっていてナンバーから
近隣住民のエドワルドと判明する。

エドワルドの携帯からロニーの遺体写真
が見つかり、自警団に憧れてるルイと
ホワンを手伝ったと自供する。

凶器のレンガが発見されるがDNAは
該当者不明でロニーは犯人でなかった。
ロニーのメトロカードから犯行時刻は
乗車中でペンシルベニア駅に行ってた。

ロニーの両親からマッケナはロニーを
愛してたが黒人との恋愛に不満の保護
観察官の継父イーストマンが兄弟に
警官がいて逮捕させたことを聞く。

イーストマンが担当する仮釈放者の
DNAと照合して実行犯の血縁者を見つけ
異母兄弟のサムを逮捕する。

サムはロニーと同じ上着を着ていた。
痴漢してロニーに罪をかぶせるはずが
セランダが悲鳴を上げ、ラリってたので
キレてレンガで殴った。異母兄弟が
保護観察官にロニーをハメろと脅された
と自白してイーストマンを逮捕した。

身勝手な考えで2人の若者が命を落とした。
事件の夜、ロニーはペンシルベニア駅で
マッケナと会ってたことを話してたら。
ロリンズは父親が脳卒中を起こしたと
連絡を受け、アトランタに向かった。

Law and Order - Special Victims Unit: Season 12 [Region 2]

posted by Jasmine at 20:57 | Comment(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ