2021年05月08日

FBI:Most Wanted 指名手配特捜班 #5

射撃場で元陸軍の凄腕狙撃手のスコットが
客5人を射殺して逃走した。
グループセラピーで話を聞くとスコットは
戦友ダニーを自殺で失ったことがわかる。

スコットの車が見つかる。車内からカラの
薬瓶に退役軍人省から精神鑑定を延期する
通知書を発見し、監視中の実家に忍び込み
裏の森で一夜を過ごしてたとわかる。

スコットは密売人から抗うつ剤を入手してた
とわかり、退役軍人のクロスビーはスコット
のセラピー仲間から売人を聞き出すが売人は
何も話さなかった。

売人は使い捨て携帯から着信後に貸倉庫へ
行ってると判明。貸倉庫に行くと突然
狙撃を受けたが全員無事で警告だった。

貸倉庫の映像から狙撃事件の1時間後に
スコットは拳銃自殺しようとしたが
事件の報道を見て、思い直した。

スコットは訪問看護会社に侵入し、ダニーの
カルテを持ち去った。ダニー父は息子は
鎮痛剤を飲まずにためて自殺し、スコットは
2週間くらい前から来なくなったと。

スコットが欲しがったダニーとの写真には
訪問看護師のティナも映っていて、彼女は
死の3週間前に担当が代わり、その1週間後に
スコットは見舞いをやめてたのでティナを
救い主だと思って会いに行くと推測する。

ティナはスコットとは会ってないと言うが
彼女の家を監視すると、ティナは元患者から
服用をやめた抗うつ剤を引き取ったので
スコットに渡すと推測する。

クロスビーはティナにダニーの死因は
抗うつ剤の過剰摂取だったと偽検視報告書を
渡すとティナはラクロイに地下室にいると
連絡してきたがダニーは逃げた後だった。

ティナを連れて外に出るとスコットが
狙撃してきた。ハナがスコットの携帯の
マイクをオンにしてクリントンに繋いで
鳥の鳴き声からスコットの居場所を特定し
クリントンは射殺した。

スコットのしたことは許されないことだが
きちんと治療を受けてたら防げたかも。
クロスビーはまたセラピーに行くと言ったし
彼も仕事や仲間がいるから救われてるのかも。

posted by Jasmine at 21:46 | Comment(0) | FBI:Most Wanted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ