2021年04月18日

FBI:Most Wanted 指名手配特捜班 #2

オモチャの銃を使った強盗事件の裁判で
白人少年は保護観察になるが黒人少年の
ケンドールは懲役20年の実刑判決となる。

母デニースは執行猶予になると取引させた
国選弁護人のバックマンに電話するが
無視されて事務所に乗り込んで発砲し
居合わせた客は死亡、バックマンは負傷し
事務員のレベッカを人質に連れ去った。

デニースは美容師で変装するのが上手く
ラクロイたちはバックマンに会いに行くが
酷い弁護士でレベッカを人質にしたのは
ケンドールの交渉材料だと推測して
判事に協力を求めたが断られたところに
デニースから判事に電話が入る。

デニースは判事に判決の撤回を求めたが
判事は断ったのでラクロイが電話に出て
投降するように説得してるとレベッカが
車のライトを点滅させてたのに気付いた
デニースが彼女を殴った。

携帯の電源は入れられたままですぐに
車を発見すると車内にはレベッカがいて
デニースは発見できるようにしていた。

デニースにはケンドールが全てで息子の
部屋にはスニーカーや高価な自転車もあり
大切に育てられたのに母親を助けるために
強盗した意味がわからない。

デニースが友達のミシェルに会いに行き
ケンドールの父デイモンを捜してると判明。
薬物依存のデイモンは更生して妻子がいた。

施設にいるデニース父に会いに行くと
デニースに娘カリーナがいるとわかる。
デイモンは子守をしてた2歳のカリーナを
残して、薬物を買いに行ったことで
カリーナは里子に出されていた。

デニース父が持つカリーナの写真が合成で
里親の家に現れたデニースは返されたと聞き
逆上して暴れる。

デニースは17歳の時に家出して里親が探偵を
雇って探したが見つからず、デニースは娘の
姿を知らないので警察学校の生徒に娘のフリ
をさせてテレビでデニースに自首を訴えさせ
デイモンと再会すると報道させた。

報道を見たデニースが姿を現して銃を出す。
ラクロイは銃を捨てるように説得していると
娘の腕にある傷がないと偽物だとバレたが
ラクロイが説得して投降した。

posted by Jasmine at 15:23 | Comment(0) | FBI:Most Wanted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ