2021年03月15日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン21 #12

ベンソンは元カレのタッカーの引退パーティ
に参加すると、タッカーは1ヶ月前に看護師
と再婚したことを知る。

ベンソンがタッカーと話をしてると元警官で
友人のレイチェルが現れて、タッカーと
元相棒ギャリーに最後にもう1度会いたかった
とタッカーに酒をかけると店から出て行き
レイチェルは拳銃自殺を図った。

ベンソンは部下たちに警官の自殺が蔓延してる
とリンドストロームとのカウンセリングを
勧めたがフィンとキャットにはムダみたい。

ベンソンはカリシからレイチェルが自殺直前
に残した動画を見せられる。レイチェルは
職場の上司からレイプされて、巡査部長や
IABに訴えたが共謀して犯人を隠匿したと
犯人の名前は言わなかった。

ベンソンはタッカーに会いに行くと知らない
とウソをつかれた。レイチェルが住んでた
教会の牧師は風紀課にいた頃にレイプされた
と知ってたが犯人の名前は聞いてなかった。

元風紀課のキャットは師匠のモリス巡査部長
から彼女をよく知らないが噂で誰彼かまわず
手を出すと元警部で警備会社を経営する
ギャリーが詳しいと名前を出したことは
言わないでと頼まれる。

フィンとカリシがギャリーに会いに行くと
レイチェルの動画をタッカーから聞いていて
彼女は性欲の塊で男をあさってたとタッカー
は調査してたと言う。

タッカーは15年も前で記憶になかったが
思い出したと主張が食い違い、彼女は他の
同僚たちとも関係があり、正式に訴えれば
4組の結婚生活が破綻し、彼女の人生も
台無しになると追及しなかったと。

キャットにモリスが自殺したと知らせに来る。
妻はモリスには自殺願望があったが警察は
助けてくれなかったと最期に電話してたのは
リンドストロームとわかるが彼は守秘義務
があると協力してくれない。

レイチェルはギャリー、モリス、相棒ゲバラ
と潜入捜査官と関係があったとわかった。
モリスは自殺前にギャリーの携帯に電話して
レイチェルの自殺に罪悪感を抱いてたが
ギャリーに口止めされ追い込まれたと推測。

カリシは法廷でリンドストロームの情報開示
を求めたが判事は認めず、リンドストローム
のオフィスが荒らされ、モリスのファイルと
パソコンが盗まれた。リンドストロームは
ギャリーがモリスの最後の言葉を知りたい
と訪ねてきたが教えなかったとタッカーが
すべて知ってると言う。

ベンソンはタッカーに会いに行くと彼は
脳腫瘍を患い、妻に内緒で治療をしてたが
余命半年から1年だと打ち明ける。
記憶力が衰えていて、レイチェルのことを
忘れてたがギャリーから相棒だった時の
ように味方してくれと電話があったと言う。

タッカーはレイプを隠蔽してないと彼から
不倫したが別れた腹いせだと言われ信じたと。
レイチェルやモリスに良心の呵責を感じてる。
死ぬ前に正義を果たしたいと捜査に協力する。

ギャリーがモリスのファイルを処分したこと
やレイチェルが妻にまで電話したので
許せずに襲ったと言ったことで逮捕した。

ベンソンはタッカーにギャリーの刑務所行き
を伝えて、あんな別れ方をしてと謝罪して
パリの思い出があると言われハグして別れた。

その後、タッカーは拳銃自殺をした。
遺言で奥さんに遺産を譲り、人生最良の時間
を死にゆく者に費やしてほしくないと。
タッカーがこんな最期を選択するとは。

Law and Order - Special Victims Unit: Season 12 [Region 2]
posted by Jasmine at 21:14 | Comment(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ