2021年02月11日

ブラインドスポット シーズン5 #2

プラハで潜伏するチームはマデリンの計画と
自分たちの無実を証明するためにリッチが
FBI支局の通気口に隠したドミニクの携帯を
回収するためにワイツに協力を頼めるか
本人に会って確認することに。

ワイツはヘルシンキでの世界協調フォーラム
で講演するので、パターソンは招待されてる
父ビル・ナイに協力してもらいカートと
会場に入ることに成功する。

パターソンは父親に通信機を渡し、ワイツに
東棟のトイレに来るように伝言を託したが
ワイツの護衛に通信機が見つかるが
ビル・ナイは何とか難を乗り切る。

ワイツと会えたカートは彼を信じると判断し
ドミニクの携帯の回収を頼むが通気口は
清掃中で見つかるのも時間の問題だった。
ワイツと協力してるアフリーンが毎朝飲む
カフェのカップのQRコードに指示を送った。

会場から出ようとしたカートとパターソンは
ワイツの護衛が地下にいたことを不審に思い
調べると壇上の真下で爆弾を発見する。

壇上ではワイツがスピーチ中でプロンプター
に真下に爆弾があり、そこを離れたら爆発
するので話を続けろとメッセージを送る。

パターソンが解除をしてると護衛に見つかり
もうダメかと思ったらビル・ナイが護衛を
倒してくれた。

標的はワイツの次にスピーチするマデリンを
批判してきた大統領最高顧問のスーザンで
ワイツの話が長いので終わらせようと壇上に
現れて、護衛がスイッチを押すが爆発せず
銃を出したところをカートに阻止された。

一方、マデリンはブリアナに両親のことで
脅迫し、同僚をスパイするように命じた。
アフリーンが通気口から携帯を回収するが
ブリアナに見つかってしまう。

アフリーンの説得にブリアナは協力すると
携帯データーをアップロードしてると
アイヴィに見つかり、携帯を奪われた。
チームはアップロードが中断したので
居場所が特定されるとアクセスを諦めた。

カートは娘の誕生日には戻りたいと
ドミニクのデータに賭けていただけに
失敗したことにショックを受ける。

ショー・アクターは手首を切断されて
殺され、チームへの見せしめだった。
さらにチームが暗殺を阻止したのにチームが
犯人で実行犯の護衛は英雄となってしまう。
倒した護衛はダバー・ザンのメンバーだった。
マデリンはテロ組織と組んで何を企んでる?

ブラインドスポット 2nd シーズン 前半セット (3枚組/1〜14話収録) [DVD] - ジェイミー・アレクサンダー, グレッグ・バーランティ, ジェイミー・アレクサンダー, サリヴァン・ステイプルトン, ロブ・ブラウン, オードリー・エスパーザ, アシュレイ・ジョンソン, アーチー・パンジャビ, ルーク・ミッチェル, ミシェル・ハード



posted by Jasmine at 21:22 | Comment(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ