2021年01月13日

グッド・ファイト シーズン2 #9

アポなしでロシア人留学生ドミニカが4日後に
強制送還されるとダイアンを訪ねてきた。
理由は客引きをしたからだったが本当は
ゴールデンシャワーと呼ばれる大統領の前で
放尿した娼婦の1人だった。

ダイアンはエイドリアンとジュリアスと
ドミニカから話を聞き、ヴェリタスが
仕掛けた罠でドミニカが大事そうに持つ
バッグに隠しカメラが仕掛けられてると
民主党全国委員会のルースも同じ考えだった。

マリッサがダイアンの指示でドミニカを尾行
すると元ミス・ハイチのロシェルと暮らす
部屋に入り、バッグには隠しカメラでなく
お金が入っていた。ロシェルがドミニカを
トランプに紹介したと判明する。

ルースから最終的に民主党のフリになると
忘れるように言われたがダイアンはFBIの
スターキーに話を持ちかける。

ドミニカに会ったスターキーは動画の内容を
知っていて詳細な質問をすると娼婦は金髪で
ドミニカはブルネットで嘘つきだと言う。

ロシア連邦保安庁の担当者を教えろと言われ
ドミニカは友人のオルガが知ってると言うと
オルガはスターキーに強制送還されてしまう。

オルガから“放尿”のUSBが届いたことで
ルースに見せると偽物だと言われたが
マリッサは本物だと突き止めた。

一方、ルッカはジェイの友人クレイグを
救うために操れる弁護士ゲイブを雇って
再審請求を行わせる。滅茶苦茶な弁護だが
人身保護を請求し、申し立てが認められた。

コリンは民主党の公認を得るためにルッカと
党の実力者と会うが、コリンが起訴した
被告人のうち95%がアフリカ系アメリカ人
なのが問題だと言われてしまう。

ルッカはコリンにホワイトヘッドの不当逮捕
の件を持ちかけ、コリンはクレイグの法廷に
再調査中でクレイグの即時釈放を求めて
クレイグは自由の身になった。

ジュリアスは司法省の友人に依頼人が動画に
ついて声明を出すと吹き込むとスターキーは
ドミニカに映像はロスで撮影したポルノだと
書類にサインさせ、USBを回収すると
ドミニカの申し立てを認めた。

スターキーはダイアンにUSBのコピーはあるか
と確認すると知る限りないと言われるが
ルースはコピーを2020年10月開封と書かれた
封筒に入れて金庫に保管した。

ドラマではこれを使ってトランプの再選を
止めようと設定でしたが必要なかったですね。

posted by Jasmine at 21:15 | Comment(0) | グッド・ファイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ