2021年01月11日

ニュー・アムステルダム シーズン2 #15

ERに鎮痛剤オピオイドの依存症患者の
ホランドが来たのでローレンは彼女に
依存症克服に使った冊子を手渡した。

マックスは理事長から製薬会社の宣伝で
オピオイドの使用者が増えて社会問題に
なっていると大胆な対策で蔓延を止めてと
指示され、医師たちに処方をやめさせた。

マックスは理事長から足りないと言われ
職員にオピオイド依存者の治療の資格を
取らせるためにERを休診させた。
市の病院幹部を集めて、オピオイドの契約
を破棄すると賛同を求めたが各病院は
ナイラー社からの寄付を得てるので断る。

イギーは9年付き合い結婚直前のカップルの
カウンセリングを担当する。カップルは
同じ精子ドナーから生まれた異母兄妹とわかり
彼女は兄弟と知って結婚できないと言うが
彼は結婚したがっていた。

難しい問題をどう解決するのかと思ったら
彼女も彼を愛してると子供は作れないけど
ヨリが戻ったがそれでいいのかわからない。

シャープは元患者がカストロの治験を受け
衰弱しているのを目撃し、治験の副作用を疑い
証拠を探してるのをカストロに見つかる。
カストロに元患者は細菌感染が原因と言われ
納得したシャープだったが治験前の数値を
改ざんしてることに気付いた。

ローレンは遺体安置所に運ぶ遺体を確認すると
ホランドだった。ローレンは母親に子供の頃
からアル中の母親に苦しめられたことを謝って
と言うが母親に何も覚えていないと言われた。

病院はオピオイドの契約を破棄したことで
ナイラー社から他の薬の供給もストップさせる
嫌がらせを受ける。

緩和ケア病棟のアデルから妹がオピオイド
で亡くなったと写真を見せられたマックスは
その写真をナイラー棟のオブジェに飾る。

すると同じように依存症で亡くなった人の
写真がたくさん貼られ、ナイラーの報復が
噂になり、他の病院も契約を破棄してくれた。
理事長も写真を貼るがそれはホランドだった。

マックスはアリスから娘を預かってと頼まれ
迎えに来たアリスとキスしてるし。

ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ DVD-BOX - ライアン・エッゴールド, ジャネット・モンゴメリー, フリーマ・アジェマン, ジョッコ・シムズ, タイラー・ラビーン, アヌパム・カー, デヴィッド・シュルナー

posted by Jasmine at 14:23 | Comment(0) | ニュー・アムステルダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ