2021年01月04日

ニュー・アムステルダム シーズン2 #14

マックスは予算を確保せずにたくさんの
プログラムを立ち上げたことでトッドから
24時間以内に200万ドルの予算を削減しない
職員の給料が払えないと告げらえる。

トッドは非正規滞在の母親の産後ケアの
プログラムの廃止を提案したがマックスは
各部署の予算を少しずつ削ると。

予算削減にレイノルズはペースメーカーの
埋め込み手術をメキシコの病院で行うが
出血した患者に輸血する血液がなくて
試行錯誤の末に何とか乗り切った。

マックスは地方の病院に専門医を派遣して
収入を増やすことを思いついた。

一方、シャープの13歳の患者シーファスは
ストレスで腫瘍ができたのでイギーに原因を
探ってもらうと人種差別だとわかる。
腫瘍ができるほどの差別って怖い。

ERでは安息日のユダヤ教の家族が母親が
転んで頭を打ったとやって来た。
安息日は電気を使用してはいけないけど
父親は母親が心配で検査して欲しいと頼む。

娘が母親に付き添って、検査していると
母親の脚が動かなくなり、次は腕が動かず
原因が突き止められない。

こっそりとテレビでバスケの試合を見てた
娘を見つけたカプールは話をしてるうちに
他に破ったことはないか聞くと、内緒で
ホットドックを食べて、母親にキスして
条虫に感染し、神経嚢虫症と判明した。
そういうこともあるんだね。

マックスはママ友のアリスと成り行きで
芝居に行く約束をするがマックスもアリスも
罪悪感を抱いてた。
アリスはミュージシャンだった夫が自殺した
と打ち明けた。そんな事情があったとは。

マックスの元にメキシコの病院の女医から
レイノルズが病めるので心臓外科医に空きが
できると聞いたと売り込みの電話が入る。
ついにマックスはレイノルズが辞めると知る。
こんな形で知らされるなんて。

ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ DVD-BOX - ライアン・エッゴールド, ジャネット・モンゴメリー, フリーマ・アジェマン, ジョッコ・シムズ, タイラー・ラビーン, アヌパム・カー, デヴィッド・シュルナー

posted by Jasmine at 20:58 | Comment(0) | ニュー・アムステルダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ