2020年11月23日

ニュー・アムステルダム シーズン2 #9

マックスは朝起きると喉に違和感を感じて
カストロの検査を受けることに。
ERにライカーズ刑務所から女性受刑者の
マーサが搬送される。マーサは脚が動かず
カプールは以前にもタンポンを何日も入れた
ままで感染症になった受刑者がいたことで
産婦人科医を呼び、マックスに報告する。

マックスはライカーズで診察を受けられず
重症化する女性受刑者が多いことを知り
シャープたちと出張診察に向かった。
マックスは市長に直談判して刑務所に行くが
刑務所長は歓迎してくれない。

診察室は狭いのでマックスは食堂を使うと
所長は受刑者の監視ができないと反対すると
受刑者のジャッキーが仕切って協力する。

イギーは受刑者のパールが幼なじみの看守の
サンチェスに厳しく扱われてるので2人に
カップルセラピーを行う。男絡みで疎遠に
なってたが歩み寄ることができた。

マックスとシャープは独房にいる恋人を
助けて欲しいと頼まれ、診察に行くと
チャーリーはシャープは突き飛ばされたが
マックスは脳腫瘍があることに気付く。

検査でマーサーは脳塞栓症だとわかり
カプールが手術をするが看守は家族に
知らせないので内密に呼び、看守がいない
放射線室で子供たちと再会させてあげた。

カプールはエラから強迫性障害と告白される。
エラは対処するために出産の計画を立てたと
アイダホの実家へ帰ることを決めたと。
孫が産まれることを楽しみにしてたカプール
はショックを受ける。

レイノルズは婚約者のイーヴィーが出張から
やっと戻ってきたのにサンフランシスコの
病院から主任法律顧問のオファーが来たと
言われてしまう。

脚の手術を受けたローレンは痛みに我慢して
やっと鎮痛剤を飲もうとしたらなかった。
薬の管理を任せた理学療法士が怪しい。

検査でマックスのガンは寛解してるとわかる。
マックスはあまり嬉しそうでなく、帰宅すると
ジョージアときちんとお別れすることに。

シャープは逮捕された件で理事長から腫瘍科
の共同部長及び医療ディレクター補佐の
任を解くと告げられる。共同部長でなくなると
カストロが好き勝手にしそうだな。

マックスたちがいない食堂で乱闘騒ぎが起き
ジャッキーが刺されてしまう。
乱闘騒ぎがあったのに所長はまた来てくれと
認めてくれたが、薬の過剰摂取で搬送された
受刑者は証人なので命を狙われてると訴える。

その頃、乱闘でケガした受刑者たちはERで
何か企んでるところで終わった。
予告を見ると来週は大変なことになってる。
早く続きがみたいよ。

ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ DVD-BOX - ライアン・エッゴールド, ジャネット・モンゴメリー, フリーマ・アジェマン, ジョッコ・シムズ, タイラー・ラビーン, アヌパム・カー, デヴィッド・シュルナー


posted by Jasmine at 21:01 | Comment(0) | ニュー・アムステルダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ