2020年10月27日

アフェア シーズン5 #7

ノアとホイットニーは結婚式の準備のために
モントークに行く。ブルースの認知症は
進行して、ノアのことがわからないし
ホイットニーをヘレンだと思っている。

マーガレットにガーデンウエディングの
テント代を出してと頼むが無理と断られる。
ホイットニーは諦めて役所で結婚すると言い
ノアはホイットニーのために本の前払い金が
入るからテント代を出すと言う。
食器はマーガレットが持ってる食器を借りる。

ドレスの試着に行く途中でロブスターロール
を見つけたホイットニーが寄ろうと言う。
席に着くとホイットニーはステイシーが喉を
詰まらせてヘレンが助けたと言うがノアは
助けたのはアリソンだと食い違う。

そこにルイサが通りかかり、ロブスターロール
は新しいオーナーになり、コールと別れて
ニューヨークに戻ると。コールはジョーニーは
今日ヴァーモントに引越すと聞いたノアは
会いたいと何時に出発するかルイサに聞く。

ブライダルショップでノアはベンが過重暴行
で捕まった記事を見る。この記事は前回
ジョーニーが見た記事と同じだった。

ホイットニーは試着したドレスが17000ドルも
すると聞いて、キャンセルする。
ノアはヘレンのウェディングドレスがあるはず
と探してホイットニーは着替えてきた。

ノアはウェディングドレス姿の娘に感激してる
とホイットニーは浮気したと泣き出した。
ノアはバレてないならコリンに言わない方が
いいと言う。ホイットニーから家族を捨てて
アリソンを選んだ理由を聞かれるが
ノアはわからないとしか言えない。

ノアはコールの家に行く途中で記者ペトラから
電話が入り、広報担当だったイーデンに
関係を強要したのかと聞かれてないと答えた。
コールの家に行くがもう誰もいなかった。

ジョーニーはPTSD患者のガブリエルと偽り
ベンのクリニックを訪ねた。元軍人のための
施設で中に入れてもらったジョーニーが
サングラスを取った時にベンは気付いた様子。

ジョーニーは録音の同意書が欲しいと言われ
書類にサインした。ジョーニーはアリソンと
ベンの推測の話を自分のことのように話すが
そんなことは言ってないとジョーニーだと
気付いていた。

母を殺した?と聞かれたベンは殺したと認め
あの頃は薬漬けで精神を病んでいたと
妻がいると知ったアリソンに別れを言われて
腕を掴んだ手を離したら反動で棚にぶつかり
置物が頭の上に落ちた事故だと言う。
ベンは贖罪の意味で退役軍人を助けてると。

警察を呼びたいなら呼べばいい、殺したい
なら銃で撃てと引き出しから銃を出した。
ジョーニーは殺すなら銃は使わない。
ラクはさせないとベニスを切り落として
ブタのように死ねばいいと。
ベンは逃げない。決心したら来いと言う。

ジョーニーはEJに警察に通報するように
説得され、刑事と一緒にベンを訪ねると
ベンはジョーニーは患者で同意書もあると
日付を改ざんし、録音テープを聞かせて
警察にジョーニーが患者だと信じ込ませた。

刑事が帰るとベンはジョーニーのことを
調べていて、子供たちのことを言い
ベンにジョーニーは襲い掛かろうとして
首元を押さえつけられたジョーニーは
もっと絞めてと言うと君が来たのは
アリソンのためじゃない。苦しみから
解放してほしかったのかと言われた。

Affair: Season Two/ [DVD] [Import]

posted by Jasmine at 21:16 | Comment(0) | アフェア 情事の行方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。