2020年10月15日

アフェア シーズン5 #4

ハロウィーンの日。
ノアはカラオケでのことをヘレンに謝り
プライバシーは尊重する。親としては健全な
関係を維持したいと思ってると言う。

ノアは撮影現場から締め出されたので
代理人にうまく収めて欲しいと頼むが
サーシャが追い出したと知ると断られ
映画もノアとサーシャが共同脚本になると
言われてしまう。

サーシャーのパーティに子供たちを送ることに。
ステイシーからサーシャがノアの悪口を
言ってると聞き、ヘレン母にそそのかされ
サーシャのベッドに他の女性の痕跡を残そう
としてるのをサーシャとヘレンに見つかった。

ホイットニーは生活のため働いて疲れていた。
コリンは絵を描いてるというが描いた絵を
見せてくれない。勤務先のギャラリーの
アンドレアにこき使われ、家賃の催促が来た
が給料を払ってくれない。

そこに元カレのファーキャットが現れた。
企画展を開くと招待状を渡されるが
ホイットニーはゴミ箱に捨てた。

家に帰るとのんきなコリンがいて、一人で
稼いでると言うと、すぐ役所で結婚したら
働けると言われるが、ホイットニーは
ブルースの家で結婚したいので我慢する。

ヘレンはサーシャのコネで映画監督の
バリー・ワインマンの自宅のインテリア
コーディネートの仕事をする。

ホイットニーはヘレンが自分と同じ年に
執筆でヨーロッパにいたノアを支えるために
ベーグル工場で働いてたことを聞く。
ヘレンに援助を頼みたいがこの仕事が成功
しないと弟たちの学費が払えないと聞いて
援助を頼むことができない。

アンドレアの命令でファーキャットの
企画展に一緒にいくことに。ホイットニーは
皆の前でファーキャットから許しを請われて
許すとキスされた。

コレクターのダシールと飲んだり吸ったり
してるとファーキャットに呼ばれて彼と寝る。
途中で気が付くとダシールが見ていて
彼は見るのが好きなんだと言われる。
ホイットニーはギャラリーを持たせてくれる
と言われてセックスを続けた。

ジョーニーはコールの家を片づけを始めるが
アリソンの写真まで捨てるなんて。
ガレージの車は動かず、自転車に乗って
向かったのはコールのお墓だった。
72歳で永眠なのでアリソンが亡くなった後
ジョーニーを育てたのかな?

アフェア ~情事の行方~ シーズン4 [DVD-PAL方式 ※日本語無し](輸入版) -The Affair - Season 4-

posted by Jasmine at 21:42 | Comment(0) | アフェア 情事の行方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ