2020年09月01日

FBI:特別捜査班 シーズン1 #20

エジプトの秘密警察の最高幹部エル=マスリが
心臓移植を受けるためニューヨークに到着し
OAが警護を担当することに。

エル=マスリは2011年のエジプト革命で
反政府デモに参加した人々に行なった
非人道的行為で多くの者に命を狙われてた。

エル=マスリがトロントを出発した動画を
受信した携帯がNYで売られたとわかり
マギーはパーキンス捜査官と店に行き
容疑者リストにあるカリム・モハマドを確認。

カリムがいたモーテルがわかるが逃げた後で
メモ跡から見つけたアルファベットと番号から
エル=マスリが乗る車の番号がバレていた。

その時、病院まで護衛中に立ち往生した車で
渋滞にはまり、様子を見に行ったOAは罠だと
気づくと銃撃を受けて捜査官が負傷して
すぐにその場から車で脱出する。

病院は安全ではないと近くにある別の病院で
移植することに変更する。
OAはいとこのヤスミンがデモに参加して
逮捕されて消息不明になってたので
エル=マスリを嫌っていた。

バスに乗ってたカリムをマギーが逮捕するが
共犯者の名前を言わない。消去された携帯の
留守電から暗殺者のゼヴ・ソーリンと浮上。

ゼヴは出会い系アプリでフォスターと連絡を
取っていて、自宅に行くとフォスターは
殺されていて、ゼヴが泊まってたとわかる。
デイナはゼヴが別の病院に行かせるために
カリムに捜査官を撃たせたと推測する。

エル=マスリはレイプ殺人犯が有力者の家族で
見逃せと言われ、犯人はスペインに逃亡して
そこでも犯行を続けたのでゼヴを雇ったことを
OAに打ち明ける。

フォスターは病院の看護師でゼヴはなりすまし
病院に入ったとわかるが逃げられる。
カリムがゼヴのために借りた部屋が判明し
ゼヴはいなかったが爆弾の材料と病院の設計図
が見つかり、爆弾を仕掛けたとわかる。

ゼヴが乗ったレンタカーが発見され、州警察は
車から降りたゼヴが武器を持ってると発砲する。
病院に搬送されたゼヴからOAは爆弾はどこかと
聞き出そうと傷口を押さえるが口を割らない。

土木技師は地下のどれかの柱に爆弾があると
推測すると、パーキンスは西に傾斜する地盤に
建ってるので奥だと言い、そこに爆弾を発見し
無事に解除できた。パーキンスは有望だな。

エル=マスリは拒絶反応を起こして亡くなった。
秘書はエル=マスリに頼まれ、ヤスミンのこと
を調べると刑務所でインフルエンザが流行し
亡くなってるとOAに教えた。

OAはマギーを飲みに誘うと予定があると断り
デートかと思ったら、亡き夫の心臓を移植
された検察官と会っていた。

FBI Season 1 [DVD-PAL方式 日本語無し](輸入版)



posted by Jasmine at 21:26 | Comment(0) | FBI:特別捜査班 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ