2020年07月26日

シカゴ P.D. シーズン6 #12

ヘロインのチャイナホワイトを扱う売人を
逮捕するためにクラブに潜入する。
ハルステッドは協力者によって売人が
因縁のあるマシュー・ギャレットと知る。

ギャレットは懲役20年のはずが逮捕前の
事務処理を怠ったために6年で先月釈放され
市から和解金20万ドルが支払われていた。

本部からギャレットを追うなと言われるが
8年前、家出少女のローレンを殺害したが
遺体が未発見なので捜査を続行する。

ボイトは元警官のガスからギャレットの
いとこのタイラーがギャレットの罪をかぶり
懲役10年になったことを聞いて利用する。

ルゼックがタイラーのムショ仲間として
ギャレットに大きな貸しを返せと接近し
チャイナホワイトの取引を持ちかける。

ハルステッドはローレン母からギャレットが
釈放されたことで責められる。
ハルステッドはギャレットから乱暴され
脅されたと苦情を申し立てられて捜査から
外された過去があった。

ケルトンに捜査資金の5万ドルを却下されて
押収した偽札で取引を続行する。
ルゼックは相棒としてバージェスを同行させ
バージェスはギャレットと一緒にいた少女に
彼は危険だと金を渡して逃がした。

翌日の取引にギャレットが現れないので
手下にギャレットに電話させたが出ないので
居場所を聞き出した。ハルステッドは無線で
聞いて向かうとギャレットが撃たれていた。
ハルステッドはローレンの遺体がどこか聞く
とクソくらえと言い残して死んでしまう。

倉庫にチャイナホワイトはなく、ボイトは
ハルステッドがすぐ救急車を呼ばなかった
ので既に死んでたと報告させた。

チャイナホワイトの大量の取引情報が入り
売人を捕まえると仲間のサンタナだった。
サンタナは倉庫の外にいたら銃声がして
中に入ったら倒れてたギャレットから
ブツを持って逃げろと言われたと供述する。

倉庫の映像からサンタナが車で逃げる姿が
映っていて、ハルステッドが聞いてたより
早く倉庫に入ったことがわかり容疑がかかる。

ギャレット殺しの銃は2015年の強盗事件で
使われた銃弾と一致し、犯人はギャレットの
顧客のデルガドだったので逮捕するが
銃は逮捕された時に押収されたと言うが
証拠として登録されてない。

デルガドは銃を現場に残して逃走し、警官が
持ち帰ったと供述した記録が残ってた。
逮捕した警官はガスでボイトはガスに問うと
見逃してくれと言われるが部下が疑われてる
ので無理だと言うと、少し1人にしてほしい
と言われて外で待ってると銃声が聞こえた。

ボイトはわかってて外に出たのだろう。
結局、ローレンの遺体がどこにあるのか
わからないままで終わってしまった。

シカゴ P.D. シーズン2 バリューパック [DVD] - ジェイソン・ベギー, ソフィア・ブッシュ, ジェシー・リー・ソファー, ジョン・セダ, イライアス・コティーズ, パトリック・ジョン・フリューガー, マリーナ・スコーシアーティ, ラロイス・ホーキンズ, ディック・ウルフ

posted by Jasmine at 15:51 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ