2020年07月07日

FBI:特別捜査班 シーズン1 #12

ポール・リビア大学で白人至上主義者の
ナサニエル・ベインが講演後の控室で
投げ込まれた火炎瓶で焼死した。

防犯カメラに左手をケガした男が映ってたが
瓶の破片にあった指紋はデータベースにない。
OAは妹アミラが通う大学だったので心配して
連絡すると抗議活動に参加していた。

マギーとOAはベインを脅迫した学生団体SDSU
に話を聞いてクラブハウスを出たところで
車から狙撃され、先回りして犯人を捕まえた。

狙撃した別の団体メンバーはSDSUが火炎瓶を
投げ込んだので復讐したと供述する。
放火されたクラブハウスにあった瓶の破片
からベインの現場と同じ指紋が検出された。

SNSに犯行声明らしき新しい政治団体
“ニュードーン”の投稿が見つかる。
学生のクレアが“ニュードーン”について
投稿したSNSも見つかった。

政治活動する学生の多くがケリー教授の
クラスを取り、教授は逮捕されたクレアの
保釈金を出したが彼女はロンドンに引越してた。

クレアと学生新聞で一緒だったアミラは
ニュードーンについてクレアから聞いていて
クレアの紹介でヘザーに会ったことがあり
マギーを活動家として紹介すると言い出す。

アミラはマギーをヘザーに紹介して出る
はずなのにジャーナリスト魂で従わない。
マギーはトイレにいくフリをして奥の部屋を
探って銃を見つけるが仲間に見つかった。

怪しんだ彼らはマギーとアミラを車に乗せて
銃を渡して別の団体に狙撃させようとするが
合図を受けたOAとクリスティンがサイレンを
鳴らして車を停めて、車から降りてきた
マギーが食って掛かりながら状況を使えて
彼らの信用を得た。

ヘザーが左手に包帯をする男と飲んでたので
マギーは彼の写真を撮り、2人に酒をおごると
男の飲んだグラスを回収し、犯人と同じ指紋で
男はホイットマン学長の息子コナーと判明。

OAは学長に息子の居場所を聞こうとするが
弁護士と話すように言われ、学長の通話から
コナーは犯行を認めていて居場所を特定し
首を吊ったコナーを発見して助けた。

コナーはリーダーはケリー教授で彼に火炎瓶
を投げろと命じられたと供述する。
教授は部屋にいなかったが残された物から
ナパーム弾を作ったとわかる。

教授の車は元レンタカーで追跡装置があり
デイナは電話で検事補に追跡装置を作動させる
令状を口頭でもらい、教授を逮捕した。

教授は若者たちが私を崇拝してるが行動の
責任は彼らにあると言う。教授の携帯に
ヘザーから新入りと一緒に次の任務の遂行に
向かうとアミラの写真が添付されてた。
OAは教授に妹はどこにいると激怒する。

ベインの葬儀をする教会でアミラとヘザーは
手錠で繋がり、ヘザーは爆破スイッチを
持っていた。OAとマギーが説得して
ヘザーは起爆スイッチを渡した。

OAはアミラを怒らずに大勢の命を救った
誇らしと抱きしめた。
大学教授が生徒にそんなことをさせるとは。
学長もベインに講演させたりと変だよ。

FBI Season 1 [DVD-PAL方式 日本語無し](輸入版)




posted by Jasmine at 21:24 | Comment(0) | FBI:特別捜査班 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ