2020年06月30日

FBI:特別捜査班 シーズン1 #11

連邦判事のレスリー・チャップマンと
娘のサマンサが射殺される事件が発生する。
判事はデイナの友人でもあり、憔悴する夫は
犯人に心当たりはないと。

判事は事件5時間前にクラブを訪ねていたが
オーナーのロッシとコスタは否定する。
店長ジーナがOAに酒をかけたので逮捕するが
彼女はマギーと同期の潜入捜査官だった。
ジーナは麻薬密売人のロッシとコスタの
捜査のために14か月も潜入していた。

サマンサが匿名アプリで誰かにメッセージを
送ってるとわかり、サマンサの遺体から
ロッシのDNAが検出されて連行すると彼女と
セックスしたと認めるがアリバイがあった。

店のドアマンがサマンサが泣き叫んでいて
服が破けてたと証言し、ロッシがレイプした
可能性が浮上する。

ロッシとコスタと一緒に出かけるジーナは
クリスティンを友達として連れて行くが
尾行するマギーとOAが乗る車が怪しいと
なぜかロッシに教えた。

翌日、ジーナはコスタが気にしてたので
あえて先に教えたと言い訳する。
OAはジーナが怪しいと言うのでマギーは
ジーナの上司に確認すると彼女は優秀だと
怒らせてしまう。

ところがジーナとロッシがキスしてる映像が
見つかり、ジーナは話の流れでそうなったが
問題ないと言うのでマギーは信じる。

ジーナはジュバルを取引相手としてロッシに
紹介し、嘘発見器に賭けられたジュバルは
見事にパスして取引することに。

ところが約束の場所にロッシたちは現れず
ジーナの携帯GPSが違う場所に向かっていて
追跡してジーナを捕まえるとロッシを
愛していて彼を守ろうとしていた。

マギーはジーナにあなたを守るために全力を
尽くすと説得し、空港に向かってるロッシと
コスタを逮捕した。

判事は娘が売人と付き合ってると知って
娘に近づくなと警告し、密売組織を守るため
殺されたとわかる。

連邦検事局はジーナを起訴するとマギーは
約束を守れなかった。
判事親子が亡くなってるし、仕方ないよ。

FBI Season 1 [DVD-PAL方式 日本語無し](輸入版)


posted by Jasmine at 21:28 | Comment(0) | FBI:特別捜査班 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ