2020年06月07日

シカゴ P.D. シーズン6 #5

プラットの勤続25年を祝うランチ会をしてると
麻薬の運び屋がモーテルに現れると情報が入る。
部屋から出てきた男と銃撃戦になり射殺し
バスタブに腹を裂かれた女性の遺体が見つかる。

女性は19歳のグロリア・サンチェスとわかり
男はミゲル・ロペスで“スコーピオンクラブ”
の店員でグロリアは店のストリッパーと判明。

ヘイリーが店員のラリーからドラッグを買い
金持ちの恋人が取引相手を探してると持ち掛け
ルゼックに会せると、大口の取引ならボスの
クラブ経営者のスピロを紹介すると言われる。

クラブのメキシコ人ストリッパーが一時雇用
ビザで出入国を繰り返してた。
ルゼックとヘイリーはスピロに会えたが
いろいろ質問し、免許証の写真を撮られて
調べてから連絡すると言われる。

そこにルゼックは父親がスピロの警備として
現れたので、マイクのスイッチを切るが
ヘイリーには父親だと後で話した。

ルゼックは父親に会いに行くと警備員として
雇われてるが違反なので報告書に名前を
出すなと頼まれ、捜査内容は話さなかった。

父親からリアがスピロの恋人だと聞いて
危険運転で訴訟中のリアに娘を乗せてたので
懲役刑になるとスピロがグロリアを運び屋に
して殺されたと話すと協力すると言う。

リアにマイクを付けてスピロに近づけたが
危険だと感じ、ヘイリーがマイクを回収し
中止にした。翌日リアの部屋に行くと
殺されていて、泣いてる赤ちゃんを保護した。

ルゼックはヘイリーに父親のことをボスに
話さないなら私が話すと言われたので
ボイトに警備員をしてただけと捜査内容は
話してないと説明し、続行することに。

リタのマンション付近の防犯カメラ映像
などから容疑者ファン・モラレスが浮上する。
ヘイリーが店でスピロがモラレスと話してる
のを目撃し、ルゼックは父親がモラレスの
近くにいたことをボイトから指摘される。

ルゼックは父親にスピロと手を切れと彼らは
犯罪者だと警告する。
ルゼックはスピロと取引することになるが
スピロを送って来たのはルゼック父だった。

ルゼック父が車で待機してるので続行して
建物内でルゼックとアトウォーターが
スピロと取引してると父親が入って来た。

銃撃戦となり、ルゼック父は肩を撃たれたが
スピロたちは逮捕できた。
ルゼック父は投資に失敗し、破産して家も
手放すことになり、スピロからの給料が
必要で仕事を続けていた。

ルゼックが心配で援護したくて建物に入った。
ボイトはスピロからモラレスが2人を殺し
ルゼック父は密輸も殺人も知らなかったと
聞いたので特捜班を手伝ったと処理した。

ボイトはルゼックのお前の父親は俺たちの
家族だとやっぱり頼りになるボスだね。

シカゴ P.D. シーズン5 DVD-BOX - ジェイソン・ベギー, ジェシー・リー・ソファー, ジョン・セダ, イライアス・コティーズ, パトリック・ジョン・フリューガー, マリーナ・スコーシアーティ, ラロイス・ホーキンズ, トレイシー・スピリダコス, エリック・ラ・サール

posted by Jasmine at 16:24 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ