2020年05月12日

FBI:特別捜査班 シーズン1 #4

ミッドタウンのビルの前で3人が頭を狙撃される
事件が発生する。動いてる人の頭を撃ってたので
犯人は凄腕のスナイパーで狙撃場所で長時間
待ってたことから元軍人と推測する。

現場にあった弾の破片は6.5ミリのグレンデル弾で
分解式のライフルでも使えるのでテニスラケットの
ケースにも入るとわかる。

被害者の連邦検事補のローランドは離婚弁護士と
会っていて、週末に海外旅行を予約していた。
マギーとOAは妻スーザンを訪ねるが夫は転職する
予定だったと容疑者扱いされてると怒る。

スタテン島のアパート前で6人が狙撃されて死亡し
1人は腕を撃たれながら反撃し、黒のSVUが走り
去るのを目撃していた。

被害者に共通点がなく、場所に意味があると推測。
4か月前にグレンデル弾を6箱買った元レンジャーの
コール・クーパーが購入記録に残した住所が
スタテン島のアパートだった。

被害者から取り出した弾は線条痕が違うものがあり
監視映像で撃った弾の数から犯人は2人と判明
コールのSNSから恋人がいたことがわかる。

アパートの大家からコールは2年前にエミリーと
引越して来たがエミリーは皮膚ガンでなくなり
家賃が払えずに立ち退きになっていた。
エミリーの両親はコールと連絡が取れなくなったと

ロングアイランドのスタンドで警官が黒のSUVに
乗ったコールを発見するが喉を撃たれて死亡する。
パトカーのドライブレコーダーからコールが相棒の
少年を置き去りにして逃走したとわかる。

徒歩で逃げた少年を追跡し、民家に停めてあった
キャンピングカーに隠れてた少年を捕まえた。
ソマリアから密入国したコフィー・セイフで
父親は強制送還になり、里親の元に行くが学校で
精神的及び肉体的な傷を負い、居場所を転々と。

ディナはコフィーのコールへの感情を利用しろと
指示し、OAはコフィーにコールの身の安全を
保障すると約束し、神の助けを信じてコールと
必死で祈ったがエミリーは死んだ。神なんて
ペテン師だと言ってたと聞き、次は教会だと判明。

教会周辺の人を避難させ、教会の鐘のところにいた
コールを発見する。マギーはコフィーの身柄を
確保した。未成年なのであなたが証言したら
法的責任を免れるかもと説得するがダメだった。
避難させたはずの市民が姿を現し、コールが市民を
撃つ前に仕方なくコールを射殺した。

マギーはスーザンに会いに行き、夫について私が
知らない事実があるの?なぜ私を疑ったの?と
聞かれて嘘をついた。

OAはコフィーにイスラム教徒であることが嫌だっ
たが父親が死んだことがきっかけで自分の宗教に
向き合ったと、コールは死んだことを告げる。
俺はこれからどうなる?と聞かれたOAは量刑も
審理をする時もそばにいると約束する。
コフィーに何でそんなことをするのか聞かれ
神のみぞ知るとOAは答えた。

FBI Season 1 [DVD-PAL方式 日本語無し](輸入版)

posted by Jasmine at 20:46 | Comment(0) | FBI:特別捜査班 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ