2020年04月25日

FBI:特別捜査班 シーズン1 #1

シカゴシリーズのディック・ウルフ制作のドラマが
始まりました。見たいと思ってたドラマでAXNは
シカゴシリーズで手一杯だろうと思ったら
WOWOWで放送してくれて良かったです。

FBIニューヨーク支局のマギー・ベルと相棒の通称
“OA”ことジダンはブロンクスのアパートで
発生した爆破現場に急行する。

マギーは消防隊員に住人を避難させるように指示し
母親が息子が中にいると助けに行くのを止めてると
再び爆弾が起こり建物が崩壊した。

爆発した部屋に住むギャングのボス、フェルトンを
狙った内部抗争と推測するが、ナンバー2も爆死し
ライバル組織との勢力争いの可能性が浮上する。
分析官のクリステンは勢力争いとは思えないと。

市民センターで爆弾が発見される。
元軍人の所長が発見し、爆発前に処理ができて
市民センターには5つのギャングが出入りしてた。

ジダンは爆弾に使われた手榴弾がエルサルバドルで
米軍が処分した物だと気付く。監視カメラに雑用係
のエルサルバドル人のウィルマーが“MS13”の
ベルナルドから爆弾入りのカバンを受け取るのが
映っていた。ベルナルドの家に行くが逃げた後で
収監されたウィルマーは口封じに殺害された。

ベルナルドの行方を追うために容疑者を公表し
潜伏先を突き止めて逮捕する。爆弾の工具には
別人の血が付着して爆弾を作ったのは別人と判明。

似た爆弾がシナゴーグの爆破未遂で使われたので
オルタナ右翼の援護者のロバート・ローレンスが
MS13と手を組んだ可能性が浮上する。

血液はDNA照合で該当者はなかったがDNA表現型
解析で遺伝情報から人の外見を予測すると
爆弾を発見した所長のブリックとそっくりだった。

FBIはローレンスとブリックが会った可能性を
調べるとブリックの母親の食堂が浮上する。
マギーとジダンが車椅子の母親が入れない
地下室を調べると手榴弾の空箱が見つかり
もう1つ爆弾があるとわかる。

ローレンスは生放送に出演中でマイノリティーの
リーダーが集まる会議が標的と推測する。
会議に出席するクリステンに連絡し、避難を
開始するとクリステンは怪しい男を発見する。
バッグに入った爆弾を発見したクリステンは
解除に取り掛かる。

マギーとジダンはローレンスに逮捕を告げると
弁護士に電話したいとローレンスが電話すると
出たのはクリスティンで爆弾は解除された後で
ローレンスを逮捕できた。

マギーは冒頭の爆弾で亡くなった少年の葬儀に
参列した。マギーは夫を亡くした過去があるが
詳細はこれから明らかになりそう。

「シカゴP.D.」とクロスオーバーしたそうですが
同じNYなのでSVUとのクロスオーバーが見たい。
「FBI」がWOWOWで放送されたならスピンオフも
見られる可能性が出てきたな。

FBI Season 1 [DVD-PAL方式 日本語無し](輸入版)

posted by Jasmine at 22:54 | Comment(0) | FBI:特別捜査班 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ