2020年04月03日

ハンドメイズ・テイル シーズン2 #13(終)

イーデンの死でリタもショックを受けていた。
幼かったのに邪険にしたと後悔するリタに
オブフレッドは彼女の夫と寝たと打ち明けると
何かすべきだった救うためにと言われた。

オブフレッドはイーデンの荷物から書き込みした
聖書を見つけるとセリーナに見せて、どうやって
ここでこの子を守るの?と詰め寄ると神の言葉を
理解して従う子にすると答えた。

イーデン父がウォーターフォード家を訪ねてきて
ニックや夫妻に謝罪する。イーデンはアイザックと
実家に逃げたが父親が通報したのだった。

オブフレッドはウォーターフォードに自分の娘なら
どうする?と聞くと、口を慎めとオブフレッドは
平手打ちされるとオブフレッドは殴り返した。

オブフレッドはニックに娘を抱かせてあげた。
リタはその様子を見て、その場を離れた。
セリーナは夫人の集まりで娘の将来を心配し
ナオミに話すと彼女も同じ心配をしてるとわかり
他の夫人たちに話すことに。

一方、エミリーは儀式の夜を迎え、ナイフを隠して
準備するがローレンスは君とはしない。部屋に戻れ
と言われてしまう。

翌日エミリーはローレンス家に来たリディアおばに
司令官は満足されたそうです。感謝しなさいと
何も言わないエミリーに舌までなくした?と
リディアおばが怒って帰ろうとするとエミリーは
隠し持ってたナイフでリディアおばを刺して
殴ったり蹴ったりしてるとマルタに止められた。
エミリーはローレンスに車で連れ出された。

セリーナは司令官の会合で発言をすることになり
夫人たちも一緒にやってきた。セリーナはギレアド
の子たちに聖書を指針に生きてほしいと提案すると
聖書を出して読みだした。

これには夫人たちもやり過ぎと退出していく。
その後、ウォーターフォードは夫人たちを帰すと
セリーナは守護者たちに連行された。

セリーナはウォーターフォードに支えられながら
帰宅する。心配したオブフレッドが声をかけると
セリーナは左手に巻かれてた包帯を取ると小指の
先が切断してた。頑張ったのよと言うセリーナに
オブフレッドは寄り添って手を握った。

ウォーターフォードから従順な侍女は家に残れる
かも。次は男の子がいいと言われたオブフレッドは
あんたなんかくたばれと言うとまたハンナに
会いたくないか?と言われた。

夜になりオブフレッドがホリーに授乳させてると
外が騒がしいので見るとあちこちで火が燃えてた。
するとリタが部屋に来て、逃がしてあげる。
靴を取って来てと言われた。

ウォーターフォードも騒ぎに気づき、オブフレッド
娘がいなくて、部屋には“奴らに虐げられるな”の
メッセージが残されていた。ニックに捜索隊を
組織しろと命じるが外は危険と止められる。

オブフレッドはリタの手引きで隣の家に向かう途中
セリーナに見つかるがこの子を逃がすと説得して
最後にセリーナは娘を抱っこして託した。

マルタたちがオブフレッドを次々と連れて逃がす。
ここにいてと言われて草むらに身を潜めてる間
オブフレッドはホリーにハンナの写真を見せて
お姉ちゃんよ。かわいいでしょ。きっと会えると
ホリーにキスをする。

そして車がやって来て、オブフレッドが近づくと
ローレンスの車でエミリーが降りてきた。
状況がわからないエミリーにローレンスは私は
大バカ者かもなと言う。

オブフレッドはエミリーにギレアドから出られると
言うと車がやって来た。ローレンスは後は任せた。
いい人生を。逃げ切れ。薬はやるなと去っていく。

エミリーは車に乗り、オブフレッドはエミリーに
ニコールよ。愛してると伝えてと娘を託して
車のドアを閉めると車は走り去った。
オブフレッドは覚悟を決めた様子で歩いていく。
ハンナを残して行けないと覚悟を決めたのだろう。

リタたちマルタが危険を冒してオブフレッドを
逃がそうとしてくれたのはすごいと思った。
ローレンスは怖い人かと思ったらエミリーを
逃がしてくれるとは良い人だった。

The Handmaid's Tale: Season 1 [Regions 2,4]


posted by Jasmine at 21:41 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ