2020年04月01日

SUITS/スーツ シーズン8 #7

ハーヴィーはビルのオーナーのフォックスから
無料弁護を頼まれる。古いビルの買収の案件で
匿名で買収することが条件だった。
持ち主のビロウズはビルは売り出してないと
フォックスには売らないと拒否される。

ドナはサマンサにハーヴィーの手伝いを頼んだ。
サマンサは19世紀からあるビルなので壊す前に
保存を検討すべきと判事に主張するとビロウズは
彼らはフォックスの回し者でフォックスは
テナントの1人に毎月大金を払って立ち退きの
邪魔をしてると主張して請求は棄却された。

ハーヴィーは資金洗浄を疑うがフォックスは
子供の頃に何度もミントの店で万引きをしたが
働いて返せばいいと商売も教えてくれたので
店を守るために金を渡し、ビルを買いたいと言う。

ビロウズは住居を安く貸していて、費用は中国の
出資者が出していた。住居に関する責任は出資者が
負うと合意書に書かれてたが、ミントの店は
商業施設なのをビロウズが出資者に隠していた。

ビルは買うことはできるが維持費がかかるので
ハーヴィーは弁護士として買収を勧めないが
俺なら買うと言うと、フォックスは買えと指示。

ドナはロバートの個人的な問題の解決に
アレックスを田園地帯のワイナリーに行かせる。
亡き妹のワイナリーで樽が納品されなくて
今年のワインが全部ダメになったと。

ロバートは樽が納品されなかったのは人種問題が
関係してると樽製造会社を訴えると言う。
アレックスはロバートのために仕事をするが
ロバートがアレックスの話を聞こうとしないので
代理人を降りた。

ロバートはドナから諭され、アレックスに謝罪し
今年の損害は保険でカバーできるし、来年は樽が
タダで入るからと代理人を続けてもらうことに。

ルイスはシーラから妊娠を告げられて大喜び。
子供をユダヤ教として育てたいと言うルイスに
シーラは宗教とか関係なく育てたいと言う。

ルイスは妹エスターに相談すると自分の気持ちを
話すべきとアドバイスされ、シーラにユダヤ教は
自分の一部だと言うが、シーラもカトリックは
私の一部だと言われてしまう。

ルイスはセラピーで大事なのは2人で決めること
だと言われ、おもでとう、友よとハグされた。

シーラはエスターと会い、どんな決断も支持するし
歓迎すると優しくされて感動したと、ルイス母の
レシピのクーゲルを作り、まだ決断は下せないが
もっと歩み寄りたいとルイスと仲直りした。

ところがシーラの妊娠は間違いだとわかる。
ショックを受けるシーラをルイスは慰めて
グレッチェンはルイスから妊娠してなかったと聞き
強がらないでとルイスを抱きしめてくれた。

SUITS/スーツ シーズン7 DVD-BOX - :ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー, アーロン・コーシュ

posted by Jasmine at 21:20 | Comment(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ