2020年03月07日

SUITS/スーツ シーズン7 #15

事務所の元パートナーたちにマイクの服役のせいで
経歴が傷ついたと損害賠償を求められる。
元パートナーの代理人は元代表のゴードンで
スコッティの証言があると言う。

裁判に負けると事務所はつぶれてしまうと
ハーヴィーはスコッティに会いに行くと
証言は断ったと言うが、半年前の最終弁論で
話したことを利用されていた。
スコッティは発言の撤回を拒否する。

ゴードンはロバートの事務所に移ったパートナーを
事務所に復帰させるなら訴えを取り下げると提案し
ゴードンは代表に復帰しないと言う。

そんな話を信じられないハーヴィーたちは疑うと
ドナはロバートの事務所が別のフロアを新たに
借りた話を思い出し、元パートナーを復帰させて
ロバートの事務所と合併するつもりだと推測する。

ハーヴィーはロバートのオフィスに乗り込んで
追及するが何も知らないと言い、ロバートは
自分の事務所のパートナーに裏切られていた。

一方、マイクはネイサンから集団訴訟の裁判費用を
事務所に頼んでもらえないか頼まれるが事務所が
大変だと断るが、鉛中毒に苦しむ子供たちのために
企業を訴えると知り、訴訟を手伝うことにする。

マイクはフォーサイスという男から支援に頼らず
大企業と闘える事務所を作りたいとその運営を
マイクとレイチェルに任せたいと言われる。

相手側から一家族10万ドルの和解金を提示されたが
マイクは金額に納得できないと断る。
ネイサンは裁判になると相談所は破産すると言うが
マイクは裁判にはならないと1日待ってと頼む。

企業側の圧力で相談所は出資者から手を引かれて
資金不足になり、マイクはネイサンから責められ
マイクはドナに事務所から相談所への50万ドルの
融資を頼むが断られる。
するとドナから話を聞いたルイスが50万ドルを
寄付すると申し出てくれた。

ジェシカがハーヴィーを訪ねてきた。
シカゴ市を訴えてたジェシカはハーヴィーの
ジェシカへの声明を聞いたシカゴ市長の報復で
シカゴでの弁護士資格を奪われていた。

ジェシカは住宅訴訟の件をハーヴィーに手伝って
欲しいと頼む。ハーヴィーは事務所の問題があるが
ルイスたちの後押しでジェシカを手伝うことに。

次回がシーズンフィナーレでマイクとレイチェルの
ラストエピになります。
ハーヴィーは事務所の危機だけどシカゴに行くが
マイクたちが何とかしてくれるかな?

SUITS/スーツ シーズン7 DVD-BOX - :ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー, アーロン・コーシュ

posted by Jasmine at 20:20 | Comment(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ