2020年02月10日

ニュー・アムステルダム シーズン1 #17

猛吹雪で大停電が発生した続きから。
病院の非常用の発電機が動かず、設備担当の
ヘンリーが修理することに。

非常用バッテリーで1フロアの電力を1時間だけ
使えるとわかり、患者たちをICUに集める。
ところがヘンリーが修理中に感電してしまう。

イギーは受刑者の患者バールなら発電機を直せると
提案するが、バールは同僚を殺してた殺人犯で
このままだと全員が凍え死ぬとマックスは
バールに修理を頼むと病院の図面を要求された。

病院には市民たちが避難して、大混乱となる。
生後間もない赤ちゃんを抱いた母親が倒れた。
カプールとハートマンは停電でエレベーターに
閉じ込めらていた。

母親は羊水塞栓症で左側に運動障害があり
カプールはエレベーターの隙間からアグネスに
指示を出すが途中で足がつって、ハートマンが
カプールの足裏をマッサージしてるし。
母親は磁石を使った方法で麻痺が治った。

レイノルズはオペ室でトゥローンの胸の傷口を
抑えた状態で停電となってしまう。
軍医だったカンデラリオが戦場でのオペ方法で
手術を始めて、途中で麻酔が切れて患者が
暴れて出血し、輸血が必要になりマックスが
避難してる市民に献血を頼んでオペは成功した。

バールは修理に溶接機が必要だと言い、非常用
バッテリーを溶接機に回す必要があった。
シャープは朝になればヘリで発電機を運べると
救える命が多いほうにかけるべきと反対するが
マックスは押し切る。

マックスたちは外に出て、溶接作業が終わるのを
待ってるとバールが消えていた。
マックスは自分の判断ミスと苛立っていると
病院内の電気がついた。

バールは逃げたのではなく、図面で昔は地下に
プールがあったと知り、燃料ポンプがあると
取りに行ったのだった。

電気が戻って、病院が落ち着いたところで
シャープは様々なことを求めてくるマックスの
望むすべてになろうとしたが無理だと主治医を
スタウトン先生に引き継いでもらうと告げる。

マックスはシャープに頼り過ぎで彼女は重荷に
感じて、一線を引きたいと思ったのかな。

New Amsterdam: Season One [DVD]

posted by Jasmine at 22:01 | Comment(0) | ニュー・アムステルダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。