2020年02月05日

グッド・ファイト シーズン1 #5

ドラマの脚本家がトランプを題材にしたことで
局の意向でお蔵入りになり、ネットでドラマを
公開したことで、局から賠償金を請求されて
エイドリアンとルッカが担当することに。

局側はネットで公開したので新たに1話を別の
脚本家に発注したと証言したが、ネットで公開する
前に発注してたとわかる。

それでも勝てないと脚本家が払える賠償金を
提示しようと思ったら、トランプ大統領が
“よくやったワイントローブ。君はハリウッドの
泣き虫によく立ち向かった。脚本家を雇う時は
よく調べないと。”とツイートしたことで
賠償金はなしになった。

クレスティーバがマイアの嘘の記事を見て
訪ねてきた。ねつ造だと反論するが弁護士抜きで
父親に面会したことについては反論できない。
マイアは弁護士に父親に頼まれ、ジャックスの
違法行為の証拠リストを渡したと話す。

クレスティーバがヘンリーに面会に行った後
ヘンリーは保釈された。マイアは実家で父親と
再会し、母親のことを忠告するが気にしてない。

ダイアンはクレスティーバ対策に事務所に
弁護士を雇うように提案する。ルッカはアリシアに
困ったときはエルズベスと聞いてたので依頼する。

エルズベスはダイナーで食事中のクレスティーバに
接触して探りを入れるが逆に脅された。
エルズベスはマイアからリストを父親に渡したと
聞いて、父親がクレスティーバと取引して
保釈されたのだろうと、マイアに父親に何か
頼まれても断るように忠告する。

クレスティーバが帰宅するとエルズベスが妻と
飲んでいて、書斎に入ったことを知る。
クレスティーバはエルズベスに懲罰委員会に
報告して弁護士資格をはく奪できると脅すが
逆にダイナーに脅された録音を聞かされる。

ダイアンはバーバラから出資金を支払わないと
パートナーから外すと言われる。
家を売ろうと考えてるとカートが訪ねてきて
明日のスピーチ原稿のアドバイスを求めた。

ダイアンはカートのスピーチを見守って
一夜を共にする。引っ越しすると聞いたカートは
うちで一緒に住もうと言うがダイアンは断った。

ダイアンは偶然チャムハム社のニール・グロスと
再会し、今の事務所に不満があるとダイアンの
事務所と契約したいと提案される。

ダイアンはエイドリアン、バーバラ、ジュリアスに
ニール・グロスが契約したいと年間5800万ドルが
入ると言い、私がパートナーを外れるなら彼に
事務所を勧めないと、出資金はチャムハム社の
顧問料から直接取り、共同代表にすることを
要求すると、エイドリアンは認めてくれた。

エルズベスが「グッド・ファイト」にも登場した。
彼女が出てくるとやっぱり面白い。
ダイアンもチャムハム社のお陰で共同代表になり
これからもっと活躍しそうだな。

グッド・ファイト 華麗なる逆転 シーズン2 DVD-BOX - クリスティーン・バランスキー, ローズ・レスリー, クシュ・ジャンボ, デルロイ・リンドー, ジャスティン・バーサ, オードラ・マクドナルド, ブルック・ケネディ

posted by Jasmine at 22:09 | Comment(0) | グッド・ファイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ