2019年12月29日

ハンドメイズ・テイル シーズン2 #1

目に連行されたオブフレッドは廃墟となった
フェンウェイ・パークに連れて行かれる。
他の侍女たちと共に絞首台に並ばされると
合図で処刑が執行されるのかと思ったら
絞首台の床が落ちなかった。

リディアおばが現れて、心を尽くし神である
主を愛しなさい。主と共に歩み、主をおそれ敬い
主に付き従いなさい。主の言葉にそして地上に
いる僕の言葉に従いなさい。さもなくば痛みと
共に主の裁きが下るでしょう。それが主の愛
だからです。これを戒めにしなさいと告げる。

侍女たちの首の縄は外され、雨が降る中で石を
持たされる罰を受けていた。リディアおばは
オブフレッドが妊娠してると知らされると
涙を流しながら鐘を鳴らす。

オブフレッドだけ室内に連れて行かれて
乾いた服に食事を用意される。食事を拒否する
オブフレッドは鎖につながれた妊婦のところに
連れて行かれ、洗浄液を飲んでお腹の子を危険に
さらしたと、リディアおばはオブフレッドに
頑なな態度をとるならこちらも考えがある。
9か月は長いわよと言われる。

オブフレッドが食事をしている前にずぶ濡れの
侍女たちが連れてこられ、1人ずつ厨房のコンロで
手を焼かれる。叫び声がする中、オブフレッドは
食事してるし。

検診を受けるオブフレッドの元にセリーナが来て
もう反抗は許さない。二度とこざかしいマネは
させないと言うと、興奮しないで、セリーナ。
お腹の子に悪いとオブフレッドは言い返した。

ウォーターフォードも到着し、検診が始まると
モニターに映る胎児の姿に夫妻は感動する。
夫妻たちが部屋を出て、最後に部屋を出た男に
“幸運を祈る、ジューン。”と言われた。

オブフレッドはブーツの中に入れられた鍵を見つけ
出入口とは別のドアをその鍵で開けて出ると
壁にある赤い印を進んで冷凍トラックに乗り込む。

トラックは建物に到着し、運転手にここで
待ってろ。人が来ると言われ、建物に入った
オブフレッドはニックと再会する。

ニックはオブフレッドに服を着替えて髪を切れと
今は街の外に逃がすのは難しい。迎えが来るので
安全な場所があるからそこにいろと言われる。

オブフレッドは服を脱いで髪も切ると焼却炉に
入れて燃やすと、ハサミで耳を切ると入れられた
チップを取り出して、ジューンに戻った。

耳をハサミで切るシーンは血がダラダラ流れて
痛々しかった。
ニックはジューンと一緒に逃げるのかな?
ジューンは娘を置いては逃げないと思うけど。

The Handmaid's Tale: Season 1 [Regions 2,4]

posted by Jasmine at 16:38 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ