2019年12月24日

アブセンシア シーズン2 #8〜10(終)

トミーのお別れの会に参加したエミリーは
彼の上司から停職処分のことを聞いて
自殺じゃないと疑いを持つ。

エミリーの兄ジャックは医師免許を取り戻すが
医師として復帰できず救命士をしていた。
同じ病院で働くアリスに悩みを相談して
アリスは仕事に逃げるニックや妊娠できない
ことがわかり、ジャックと不倫関係に。

ニックはアリスの浮気に気付き、自分が仕事に
逃げてたと反省したのでアリスはジャックとの
関係を終わらせた。アリスから始めたのに
捨てられたジャックがかわいそうだった。

フェンタニル殺人の被害者はカタリストから
定期的に注射を打たれたとわかる。
被害者の妻は注射したのはウルフと確認する。

エミリーはトミーの車を調べると窓に書かれた
“クイル”の文字を発見する。
カルは“クイル”が大学の研究プロジェクト名で
80年代半ばに破綻してると突き止めた。

研究者の教授によると、PTSD患者を助ける研究
だったが狂暴になる副作用が出て、資金も底を
ついて中止になったと言う。

エミリーは研究員たちの集合写真にフリンの
カウンセラーのオデュウェルを発見して
パニックになるのをカルが落ち着かせた。
エミリーはすぐにニックに電話してフリンを
オデュウェルに近づけないように頼む。

オデュウェルに会いに行ったエミリーは
クイルのことを聞くと関わってないと答える。
帰ろうとしたエミリーはオフィスでウルフの
描いた絵を見つけて、彼の患者だとわかる。

オデュウェルがウルフにタイラー殺しを命じたと
知ったニックはタイラーの母親からオデュウェル
のセラピーを受けて薬を飲んでたと聞く。

オデュウェルの取調べが始まるが何も言わないので
エミリーは真相を聞き出すためにオデュウェルを
拉致監禁して拷問する。

オデュウェルは被験者に使った薬にはエミリーの
血液が使われていた。ウルフには治療は成功したが
他の人たちは失敗して狂暴になったので
ウルフに始末させたと自白する。
外で車の爆発が起こり、エミリーが外に出た隙に
オデュウェルが何者かに殺害されてしまう。

アリスはニックとフリンとキャンプに出掛けるが
途中で気分が悪いと1人で先に帰ってしまう。
その頃、エミリーたちはオデュウェルが
隠し持ってた暗号化ファイルを解読して
フリンも被験者とわかり、アリスが共犯者で
オデュウェルを殺したと判明する。

エミリーはアリスを追跡して追いついた。
アリスは恩師であるオデュウェルの研究を
手伝ってたが、研究の正体を知らずフリンを
助けるためだったとアリスは銃を出した。

アリスは逃してと頼み、ニックとフリンを愛する
気持ちは本当だとエミリーは逃がそうとするが
ガナーセンが銃を持ってたアリスを射殺した。
そして、エミリーは山から出てきたニックと
フリンに会いに行ったところで終わった。

エミリーの監禁事件が実験に利用されてたとは。
ガナーセンがアリスを射殺したのにちょっと
違和感を感じたがもう裏はないのかな?

アリスを亡くしたニックとフリンも気になる
と思ったらシーズン3が決定してるそうで
WOWOWで放送してくれることを期待してます。

アブセンシア〜FBIの疑心〜 シーズン1 DVDコンプリートBOX (初回生産限定)


posted by Jasmine at 22:41 | Comment(0) | 海ドラ サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ