2019年12月08日

キリング・イヴ シーズン2 #4

キャロリンはコンスタンティンを逃がしたことで
ヘレンから“マンダレイ作戦”の中止を言われるが
説得して続行することに。

イヴは“ゴースト”が殺したアリスター・ピール
の関係者たちが死亡してると突き止める。
ピールの会社の売却が関係してるのかジェスと
一緒にピールの息子アーロンに会いに行く。

アーロンは父親が殺されたのに協力的でなく
ゴーストの依頼人ではとイヴは疑う。
次にピールの秘書が死亡する事件が発生した。

ヴィラネルはコンスタンティンとオランダで
フリーで殺人の仕事をしていた。
飾り窓地区でヴィラネルはお面を被り、標的の
男を誘惑して部屋に入れると手錠をかけた。

カーテンを開けて、男を逆さ吊りにすると
通りにいる妻に見せて彼を刺したが観客たちは
パフォーマンスとしか思ってない。

ヴィラネルがイヴに書いた絵ハガキが届くが
キャロリンはそれを隠し、オランダ総合情報局に
電話して、ヴィラネルの犯行と知るがイヴに
言わずにジェスをアムステルダムに行かせた。

ヴィラネルはイヴが来るのを待ってたが現場に
ジェスが現れたことでショックを受ける。
ラリってクラブにいたヴィラネルはトイレで
揉めた女の首を絞めて殺しそうになるのを
コンスタンティンが止めてホテルに連れ帰る。

イヴはゴーストが秘書を脱色剤に吸入麻酔薬を
混ぜて吸わせて殺したとわかり、苦痛なく
殺せるのは薬に詳しいと医療関係の35歳以上の
非白人でここ数年でトラブってる女と被害者
たちと接した清掃係をケニーに調べてもらう。

ケニーはゴーストを発見し、イヴは子供たちを
学校に送ったゴーストを連行した。
ゴーストが子持ちの母親だったとはね。
イヴは警護が付くことをニコに話し忘れて
また彼を失望させる。もう開放してあげたら。

Killing Eve: Season two

posted by Jasmine at 14:12 | Comment(0) | キリング・イヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ