2019年12月07日

レジデント シーズン2 #23(終)

シーズンフィナーレは冒頭でニックはやっぱり
コンラッドと別れたくないとヨリを戻した。
ジェシーの心不全が悪化し、コンラッドから
腎臓移植で改善する可能性があると父親に
カイルの居場所を調べてもらったと言われる。

ニックは父カイルにジェシーは心不全で悪化し
ドナーになって欲しいと頼むが断られる。
ニックは次に会うのはお葬式ね。それで最後と
言われたカイルはドナーになると病院に来た。

麻酔科のシーラを捜しに売人が病院に来た。
駐車場で会う約束をしたがシーラが来ないので
売人が車をこじ開けているのを見つかって
警察に逮捕された。

シーラの車に大量の薬が見つかったことで
ベルはオペ室にいるシーラの元に向かう。
シーラはオペ前に薬を打ち、よりによって
カイルの臓器摘出に入り、過剰摂取で倒れる。

倒れた時にチューブを引き抜いて動脈が切れ
カイルに酸素も送れず、コンラッドとニックが
処置して助かる。ジェシーの方はオースティンと
ミーナが協力して移植は成功した。

ERに身元不明の患者が搬送される。
ホームレスの可能性もあり、病気か認知症の
せいで言葉を話せなかった。

病院は財政難でベルは支払い能力のない患者の
治療を嫌がるが、デヴォンはキットを巻き込み
説得することに成功する。
オペを終えた患者は自分の名前を言えて
妻に連絡してほしいとホームレスでなかった。

マイカは新しいペースメーカーを入れるために
入院し、マイカには新しい恋人がいると知った
オースティンはミーナに話してオペから外す。
ミーナは驚いてたが落ち込むの様子もなく
オースティンに気持ちは傾いてるのかな?

ベルはキットから元夫とヨリを戻したと言われ
病院の立て直しにレッドロック・マウンテンに
売り込みをかけるが乗っ取られそうな感じ。

ラストはコンラッドがジェシーかカイルの
どちらかを蘇生するが亡くなった感じで終わる。
モヤモヤしたフィナーレでした。

レジデント 型破りな天才研修医 シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

posted by Jasmine at 16:20 | Comment(0) | レジデント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。