2019年11月04日

ハンドメイズ・テイル シーズン1 #4

オブフレッドは13日間部屋に閉じ込められ
精神的に限界に来ていた。クローゼットに
入って横たわると、壁に刻まれたラテン語の
文字を見つける。

クローゼットで横たわるのをリタに見つかり
気を失って倒れたとごまかすと、今日は儀式
の日だと病院に行くように言われる。

病院の医師はやさしく話しかけるのには
裏があり、司令官のほとんどは種なしだと
診察室のカギを閉めるとオブフレッドの
脚を持ち力になろうと言う。オブフレッドは
無理です。危険すぎると断って助かった。

センターで教育を受けてるジューンたちは
儀式の体勢を習うが、司令官の妻と侍女は
一体となり、一輪の花となり種付けを待つと
司令官の相手をすることを知る。

ジューンとモイラはエリザベスおばを襲って
服を脱がせるとモイラが着て、ジューンと
センターを脱出した。駅のホームでモイラが
兵士に電車のことを聞きに行ってる間に
ジューンは兵士にj侍女1人で外出は禁止だと
IDを見せるように言われる。

そこに電車が入ってきて、ジューンはモイラに
笑顔を見せて、モイラは1人で電車に乗り
ジューンは連れ戻された。

ジューンはエリザベスおばから足の裏を
鞭で叩かれて血だらけになり寝ていた。
食事から戻った仲間たちは少しずつ食べ物を
持ち帰り、ジューンの枕元に置いていく。

ウォーターフォードが儀式の時間に早く来て
オブフレッドに挨拶をしたかったと今夜
ゲームをしようと誘う。儀式が始まるが
ウォーターフォードはできなかった。
セリーナが手伝おうとするがよせと言われ
オブフレッドは部屋に戻るように言われる。

オブフレッドは9時に書斎に行き、司令官と
スクラブルをして、答えがあってるか辞書を
探してるとラテン語の辞書を見つけた。

ウォーターフォードはラテン語がわかると知り
オブフレッドは壁の言葉の意味を聞くと
ジョークとだと“奴らに虐げられるな”だと。
どこで聞いた?と聞かれ友人からと答える。
彼女を知ってたのか?聞かれ、彼女に何が?
と聞くと死んだと自分で首を吊ったと。

ウォーターフォードはそのことがあったので
オブフレッドに優しく接してるみたい。
オブフレッドはウォーターフォードに
部屋に閉じ込めるのをやめてほしいと頼み
オブフレッドは外に買い物に行けるように。

おばの1人が国外に脱出して、マスコミの
インタビューに答えてるらしい。おばの
立場でも辛いみたい。

The Handmaid's Tale: Season 1 [Regions 2,4]

posted by Jasmine at 12:58 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ