2019年10月13日

(新)ハンドメイズ・テイル S1 #1

そのうちCSで放送するだろうと待ってたら
WOWOWで放送開始とは意外でしたが
これで最終話までは視聴できそうです。

舞台は近未来の米国で民主主義が崩壊して
キリスト教原理主義“ギレアド共和国”となり
身分制度で支配されていた。

ジューン(エリザベス・モス)は夫ルークと
幼い娘ハンナとカナダへ亡命しようと国境に
向かうが捕まって、夫と娘と生き別れる。

センターに連れて行かれたジューンは
学生時代からの親友モイラを見つける。
環境汚染などが原因で不妊症の女性が増え
ジューンたちは不妊の妻に代わり、司令官の
子を宿す侍女の教育を受ける。
反抗的なジャニーンは産む動物に目は要らない
と罪深い右目をえぐられる。

司令官フレッド・ウォーターフォードの
儀式のための侍女となったジューンは
“オブフレッド(フレッドのもの)”と名前を
与えられた。

ウォーターフォード家には女中のリタと
運転手のニックがいる。オブフレッドは
買い物を頼まれるが、侍女が外に出る時は
2人1組と互いを監視するためでオブフレッド
の相手はオブグレンで私的な会話はない。

街には銃を持った兵士が見張っていて
オブフレッドたちは川沿いを歩いて帰り
処刑されて吊るされた人を見に行き
モイラがいないことを確認する。

儀式の日、オブフレッドは風呂に入って
体を清めるとベッドで司令官の妻セリーナの
足に頭を乗せ、立ったままの司令官が事を
終えると部屋を出て行く。

“救済の儀”のために侍女たちが集まる。
オブフレッドは友人とこっそり話をしてると
妊娠中のジャニーンがモイラが逃げようとして
捕まりコロニー送りになり、汚染物質の処理を
させられたモイラはもう死んでると言う。

“救済の儀”は罪人の処刑で、リディアおばは
身重の侍女をレイプして胎児を殺した男は
有罪で死刑だと、侍女たちが男を取り囲んで
殴り殺すこと。モイラの死でショックを受けた
オブフレッドは男に怒りをぶつけて暴行する。

帰りにオブグレンからモイラのお悔やみを
言われたオブフレッドはモイラはセンターの
前からの友人で8歳の娘がいると話す。

オブグレンも妻と息子がいて、2人はカナダ
国籍で彼女だけ空港で捕まったと。
2人は家族と生き別れた共通点があった。
オブグレンは別れ際にあなたの家には“目”が
いるとオブフレッドに警告する。

The Handmaid's Tale: Season 1 [Regions 2,4]

posted by Jasmine at 13:15 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ