2019年10月01日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン20 #20

13歳のマッケンジーと義父のギャレットが
激しい親子喧嘩をして隣人に通報された。
2人が病院に搬送されるとマッケンジーの
妊娠が判明し、SVUが捜査することに。

マッケンジーの母アンジェラはギャレットと
再婚するが2年前に死亡し、2人暮らしだった。
ギャレットに疑いを向けるが妊娠は知らず
実の子のように愛してると主張する。

マッケンジーはスーパーで声をかけてきた
知らない男の青いドイツ車に乗って
望んだことだと言うが、ベンソンから
法律の下ではレイプだと言われる。

学校の聞き込みで演劇のドレイファス先生
との関係を疑われ、車種が一致して連行する。
ドレイファスはマッケンジーとの関係を否定し
DNA検査を要求する。ところが父親が拒否し
子供を産ませると言い出した。

マッケンジーがSVUにやって来て、ギャレット
にドレイファスが父親だと言うと怒って
家を出て行ったと聞き、ドレイファスの家に
向かうとギャレットが殺害した後だった。

ストーンは第2級故殺罪で2年、保護観察1年を
提示するが、弁護士は陪審員が同情すると
法廷で争うと言う。

ストーンの元にドレイファスと結婚の約束を
していた男性がやって来て、ドレイファスは
女性とは経験がなく、学校に知られないように
ゲイを隠してたが家族や友人は知ってると言う。

マッケンジーは嘘だと認めず、ギャレットとの
関係を疑われると、先生が父親だと言い張り
ベンソンが嘘が原因で殺されたと追及すると
嘘だと知ってたら殺さないと言ってしまう。

ストーンは裁判でマッケンジーに証言を
求めると、マッケンジーとギャレットは
ミズーリ州で結婚しているので秘匿特権が
あると裁判は休廷となる。

母親が死んだ翌年に結婚許可証が発行され
血縁者の同意があれば結婚できる。
同意したのはマッケンジーの実父マーカスで
叔母のペネロペは何も知らず、薬物中毒の
マーカスよりギャレットといる方が幸せかと
二度と会わない約束で5000ドルを渡したと。

マーカスを訪ねるとマッケンジーの妊娠を
驚かず、ロリンズがいくらで同意したか
追及すると1万ドルだと言う。

ストーンは家庭裁判所に婚姻無効の申し立て
マーカスは賄賂をもらい同意したと証言するが
マッケンジーは初めて会った時から彼を
愛していたと証言する。
家庭裁判所はNYでも2人の婚姻を認めた。

ギャレットの裁判で婚姻関係の言及が禁止され
不利な状況になる。カリシが産科での初診は
結婚半年後だと調べた。

ベンソンは本当に愛してるなら彼女を守ると
ストーンはギャレットの起訴を取り下げて、
マッケンジーを起訴すると告げる。嘘が殺人
の引き金になり、継父が復讐することは
予測できたと、あなたは刑務所で子供を産む
のよと言われたマッケンジーを守るために
ギャレットは第1級故殺で20年で取引する。

ベンソンはマッケンジーの様子を見に行くと
人生をぶち壊したと言われるが、ベンソンは
ギャレットはかけがえのない時間をあなた
から奪ったと言うと、青春時代を?と言う。

気分が悪いストーリーでした。
ギャレットは出会った時からマッケンジーに
気があるように思わたように思えた。

Law & Order - Special Victims Unit: Year Six [DVD] [Import]


posted by Jasmine at 22:02 | Comment(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ