2019年09月17日

コード・ブラック シーズン3 #5

小型機を操縦中のエリザベスが意識を
失って、同乗する娘ルビーの救助要請の
電話がエンジェルスの無線室に繋がれる。
リアンがルビーに母親の状態を確認させる。

小型機はバンナイズ空港付近を自動操縦で
飛んでいて、ヘリの操縦士を呼んでルビーに
燃料残量を確認させると残り約40分と判明。

ウィルスとロックスが出動するが患者が
見つからず、バンナイズ空港に行くように
指示されるが銃を持った男が救急車に
乗っていて、銃弾を受けた恋人マヤの元に
連れて行かれ、助けるように命じられる。

医療用大麻の店を襲い、マヤは警備員に
撃たれたが、テレビは小型機のニュースを
していて彼らの報道はない。

病院に行かないと助からないと言うが
男は必要なものを届けさせろと銃で脅し
ウィルスは電話に出たディエゴに器具を
届けさせて帰そうとするが撮影したいと
すぐに帰らず、男が中に入れと銃を向ける。

ルビーに脈拍を数えさせて、心室頻拍か
心房細動の疑いがあり、心臓にショックを
与える必要があるが機内に除細動器はなく、
取り乱すルビーにアリエルが話しかけて
母親の胸を殴るように言うがダメだった。

アリエルが除細動器を作れないかと言い、
機内の電子機器を集めさせ、病院も同じ物
を用意し、むき出しの銅線をマリオで
試して、母親にさせたが電圧が足りず、
銅線を持ったまま母親の胸を叩かせると
母親の意識が戻った。

母親は空港に戻る燃料はないと言い、
小型機は不時着した。リアンとマリオが
ヘリで現場に向かうと、母親は軽傷だが
ルビーの腹部に破片が刺さっていた。

大量出血してるマヤには輸血が必要で
男の血液型が一致し、男に輸血させて
小型機のニュースに夢中になってる隙に
逃げようとしたディエゴは脚を撃たれた。

男は輸血チューブの先が排水溝にあると
気付いて激怒するが、貧血だったのか
簡単にウィルスに倒された。
ルビー親子にディエゴたちもERに搬送され
センターステージは大忙しになる。

キャンベルが母親のオペ中でルビーに
刺さった破片をERで抜くしかないと決断を
迫られたリアンは破片を抜き、マリオが
止血して容体が安定した。

虫垂が破裂しそうな白人男性の患者は
外科部長のキャンベルでなく研修医の
アンガスのオペを希望する。

アンガスは腸穿孔を起こしたと、隣で
エリザベスのオペ中のキャンベルに助けを
求めるが集中しろと言われ、腹腔鏡から
開腹オペに切り替え、オペを成功させた。

意識が戻った患者は差別じゃないと
医者には当たり外れがあり、黒人に対する
優遇措置でもぐり込む奴もいると言う。

アンガスは落ちこぼれなのに医師になれた
のは父が病院の委員だからオペでは悪銭
苦闘したし、下手な縫合は1週間前に
習ったばかりだと言ってくれてスッキリ。

エリザベスとルビーのオペは成功して
アリエルはルビーとスマホで遊んでる。
ディエゴも弾は貫通して無事だった。

コード・ブラック 生と死の間で シーズン1 COMPLETE BOX [DVD]


posted by Jasmine at 20:51 | Comment(0) | コード・ブラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。