2019年09月16日

シカゴ・メッド シーズン2 #5

マラソン大会で交通事故が発生する。
救護所にいたエイプリルと弟ノアが
車に轢かれた男性の手当てに向かうと
重傷で救急車は猛暑と停電で遅れると。

グッドウィンからマラソン大会に出場
してるウィルとニーナを待つように
指示されたが、ノアは肺虚脱をしてるので
チューブを入れると出血が止まらない。

ウィルたちが到着し、ニーナは開胸して
時間稼ぎを提案し、ウィルは渋るが皆に
やらないと死ぬと言われてやることに。

大動脈に開いてた穴を手で塞いだウィルは
ポータブルバイパスをつければ奇跡が
起こるかもとジェフに届けてもらう。
時間稼ぎをして救急車でERに搬送する。

ナタリーは突発性難聴の少女フィービーを
担当する。母親は娘に父親が心臓発作で
亡くなったことを言い出せないと言い、
チャーリーが助けようとすると断られる。

フィービーの頭蓋骨に骨折が見つかり、
母親は元夫に娘は虐待されてたので
娘を連れ去ったとわかり、当局に通報する。

ナタリーはフィービーの握力が弱いと
気付いて血液検査すると、大理石骨病と
言う遺伝性の病院が難聴や骨折の原因と
わかり、母親は警察に連行された。

呼吸困難の高齢女性オルガが搬送され、
ジェフは熱中症と診断するがチョイは
持ってた薬から肺高血圧症だと気付く。

オルガは薬をトイレに落として全部は
飲んでなく、栄養失調だったので
認知症やうつ病を疑い、チャールズは
オルガと話すが問題はなかった。

オルガがキャットフードを食べていて
生活に困ったオルガが薬を売ってると疑う。
友人のルースがやって来て、オルガが
身なりのいいルースと張り合ってると
気付いたチョイはルースと話すと彼女も
お金もなく、息子が送ってくれたと言い、
オルガにそのことを話してもらう。

ウィルが搬送した男性はローズが手術し
命は助かったが、意識が戻らず脚の感覚が
戻らなかったのでウィルは責任を感じるが
目覚めた男性の脚が動いて良かったね。

グッドウィンはピーターの夫の離婚弁護士
を紹介してもらい、法的別居同意書に
サインして前に進むことを決意する。

シカゴ・メッド シーズン1 バリューパック [DVD]

posted by Jasmine at 12:20 | Comment(0) | シカゴ・メッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ