2019年09月13日

レジデント シーズン2 #11

ブラッドリーはクオヴァディスへの
プレゼン中に突然倒れた。居合わせた
ベルがERに搬送し、デヴォンが必死に
蘇生を行うが助からなかった。

死因はクオヴァディスの人工弁の破損だと
ベルはゴードンに言うと、オースティンの
ミスだと言い出した。

ベルはオースティンは優秀な外科医だと
病院のために彼を守ろうとするが
ゴードンはミーナにオースティンが
ジュリアンの説明を聞かず逆さまに
入れようとしてたと言わせた。

オースティンは恩師のベネディクトに
製品について確認すると問題ないと言われ
謙虚になるように諭される。

オースティンは反省して、しばらくは
オペをしないと決める。
ミーナは何度もミスをしてるベルが
オースティンを守らず、ゴードンの
言いなりになる理由を調べると告げた。

ブラッドリーと仲良しだったデヴォンは
落ち込んでいて、コンラッドはあえて
患者を任せる。腹痛を訴えるマリソルは
過去に出産した子供を亡くしていた。

検査で卵管卵巣膿瘍が見つかり、左卵巣の
ねじれで激痛に襲われ、開腹オペになり
デヴォンは卵巣を残して欲しいと頼むと
手術のタオルが体内から見つかった。

以前の帝王切開で取り忘れてたとわかる。
マリソルは長年の痛みが消え、卵巣を
守ってくれたデヴォンに感謝する。

ヘンリーがMVPのトロフィーをもらったと
コンラッドに見せるために病院に来た。
ヘンリーに異変が見られ、検査するが
問題はなく、VNSが原因でないといいが。

クリニックがオープンし、大勢の患者を
ニックとアレックは協力して診察する。
診察が終わって、アレックはニックを
食事に誘ってるとコンラッドがヘンリーと
母親を連れてきたので、アレックは家族と
勘違いするが、ヘンリー母からニックが
彼女と教えられる。

ベルはブラッドリーの死亡診断書に
基礎疾患と嘘を書かせ、オースティンと
病院の両方を守った。
後で問題になるといいのに。

レジデント 型破りな天才研修医 シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]




posted by Jasmine at 22:54 | Comment(0) | レジデント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ