2019年08月22日

ブラックリスト シーズン6 #17

レッドの情報でマクマーンと関係がある
と思われる“第三分身”が大金持ちの
子供を誘拐し、身代金を寄付させてると。

これまでに誘拐された子供は身代金を
支払って解放されてたが、今誘拐されてる
デズ・フォイの父親は支払いを拒否するが
受け渡し場所に行くことに同意する。

犯人が接触してきたが、父親の監視が
バレて逃げられてしまう。
指示に従わなかったと父親にデズを
射殺する映像が送られてきた。

次にタイラーが誘拐されるが、父親と
友人のデズ父は彼らのせいで息子が
死んだと身代金を支払うなと説得する。

タイラーの両親は身代金を支払わなくても
FBIがちゃんと仕事をしたら息子は助かる
と支払ったら息子は返してもらえるのに。

レッドは誘拐犯が使った古い拷問代を
落札したノエル・ゲリックから保管場所を
聞き出し、そこに誘拐犯がいるとわかる。

建物に6名がいると確認するが中の様子は
わからず、アラムは監視カメラにアクセス
するために作業員のフリをして潜入。

ところがノエルの娘も仲間でアラムの
正体がバレて、人質にされてしまう。
アラムはマスクの男に身代わりになると
タイラーの解放を説得しながら隙を見て
拘束を解いて反撃する。

するとタイラーも仲間でマスクの男は
死んだはずのデズで子供たちこそが
“第三分身”と判明。

マクマーンが突入を命じ、クーパーは反対
するが権力者のタイラー母の命令で突入。
子供たちは捕まるが銃を持つタイラーは
撃たれて死亡する。

デズ父は連行される息子を目撃し、
タイラー母は自分の判断で息子を失う。
デズは黙秘し、弁護士も拒否するが
タイラーが死んだと聞いて動揺する。

一方、デンベはレッドが裏切り者を
殺し始めたことに忠誠心が揺らぎ始める。
モスクで導師に相談して迷いを消して
レッドの元に戻ってきた。

レッドは子供たちに誘拐ごっこをさせた
“第三分身”の男の寝込みを襲うが
マクマーンと関係なかった。

マクマーンは“第三分身”のファイルを
司法省に送らずにそちらに捜査の目を
向けさせていた。

デンベはリズにレッドが密告者と思ってる
ルディガーに会うとレッドに言えないなら
俺から話すと迫る。

レスラーはカタリーナの母親と思われる
ヴァージニアを訪ねるが亡くなっていた。
再婚した夫テッドは娘のことは知らないと。

その後、夫はヴァージニアに娘がいたこと
亡くなる前に郵便局留の手紙を送るように
頼まれたと知らされる。

レスラーは郵便局の防犯映像を調べると
手紙を取りに来たのはドムだった!
ドムにたどり着くとは驚いたけど、
レスラーはドムのことを知らないんだよね。

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX [DVD]



posted by Jasmine at 21:31 | Comment(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ