2019年08月01日

ブラインドスポット シーズン4 #17

FBIはマデリンを逮捕したがジェーンが
ドミニクに拉致されてしまう。
マデリンからドミニクの居場所を
聞き出そうとするがわからないと言う。

支局に弁護士リチャード・シャーリーが
マデリンの弁護士だと現れた。
シャーリーはマデリンはカルテルから
逃げようとしただけと主張する。

ドミニクからマデリンを飛行機でモスクワ
に送ったらジェーンを返すと連絡が入る。
その頃、意識が戻ったジェーンは箱に
閉じ込められ、どこかに埋められていた。
側にライトがあり、使い捨て携帯が鳴り
カートたちはジェーンの無事を確認する。

カートは取引に応じようと言うがリードは
司法省は許可しないと言う。
ドミニクがジェーンと代わった時の中継局
がわかり、そこにある全ての使い捨て携帯
に電話してジェーンの番号が判明した。

箱のサイズからジェーン救出のリミットは
残り39分だった。埋められた場所の土は
硫黄の味がすると聞いて、3キロに絞れた。
ジェーンは刺された虫の特徴を説明すると
バッテリー切れで通話が切れた。

マデリンは情報を渡す条件に息子と話を
させろと要求するがリードは断った。
ザパタはマデリンに息子たちに父親を
毒殺したことを伏せるし、次男の薬物使用
と飲酒運転をもみ消したことを持ち出すと
ドミニクの狩猟小屋があると話した。

虫の生息地から狩猟小屋を絞り込み、
カートが向うが、ドミニクは逃げた後で
辺りには埋められた形跡がなかった。

カートはリードにマデリンの釈放を頼むが
ジェーンから捜査を優先しろと言われたが
皆がジェーンのために刑務所行き覚悟で
飛行機を用意することに。

ジェーンはブラのワイヤーとライトの電池
で充電して電話が繋がったので付近の
捜査官全員にジェーンの携帯から信号を
一斉送信して、ジェーンの位置を特定。

カートが掘り起こしジェーンを救出するが
ジェーンは息をしてなくて、蘇生措置して
意識が戻った。

ザパタはマデリンに殺さなかった理由を
聞くと、どちらの側につくか迷いがあり、
寝返らせるチャンスがあったと言う。
ザパタはCIAの嫌疑が晴れたのでFBIに
戻ると決めたが何か気になる。

ジェーンが無事だったのでマデリンは
刑務所送りになった。
シャーリーはドミニクと会うとヘリオスに
必要な物だと携帯を渡した。

ヘリオスは実行中だと計画は続いていて、
マデリン逮捕では終わらないみたい。

ブラインドスポット 2ndシーズン  後半セット (2枚組/15〜22話収録) [DVD]


posted by Jasmine at 22:09 | Comment(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ